携帯・デジカメ

2013年7月 5日 (金)

夜の東京ゲートブリッジ

Dsc_0443_4_5_tonemapped_s

D7000
三脚、レリーズ使用
ISO-200
F値:3.8
露出時間:8秒
露出補正:+0.7

天気曇り
撮影時刻:20時ごろ

真っ暗な時間であり、夕焼けの様に写るオレンジ色の空は、全て街の灯りです。
長時間撮影なのでこんなにも明るくなりました。
天気が曇りだったので、雲に光が照らされて、幻想的になっちゃってますね。
まぁいわゆる「光害」ってやつです。

東京ゲートブリッジに行ったのは初めてでした。
麓の公園から撮影です。
期待せずに行ったのですが、かなりかっこいいですね。

手前の岩は防波堤の様に積み上がっているもので、その先は海です。
夜釣りをしている人が沢山います。

公園にはいろんな趣味の人が居て面白かったですよ。
カメラ、釣り、サイクリング、ゴルフ、散歩、バーベキュー・・・

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

魅惑の撮影スポット「イタリア街」

Dsc_0497_500_tonemapped_h_s
Nikon D7000
三脚、レリーズ使用
ISO-400
絞り値:f/4
ホワイトバランス:曇り
露出時間:1秒
露出補正:-0.7
焦点距離:26mm(フルサイズ換算39mm)

Dsc_0506_7_8_tonemapped_h_s
Nikon D7000
三脚、レリーズ使用
ISO-400
絞り値:f/3.8
ホワイトバランス:曇り
露出時間:0.62秒
露出補正:-0.7
焦点距離:21mm(フルサイズ換算31mm)

撮影日:6月の土曜日 22:30
天気:晴のち曇り

前回の記事「雨のイタリア街」の時は完全に深夜の撮影でした。深夜だと建物のライトアップが無いのですね。今回は壁のライトアップが美しいです。
こうなってくると、「ライトアップのある雨のイタリア街」での撮影がしたくなっちゃいますね。雨は石畳が濡れててそれが綺麗!

 

注意事項:
10分くらい撮影したのちに、お巡りさんが来て口頭で注意されました。
「近隣住民から通報が有ったんですよ。 --ここは有名な撮影スポットに成っちゃっていて-- --早めに移動してもらえますか。」と丁寧に注意されました。
私達の他にも車の集団が2~3組いたので、たぶんその先客の人達が居た時点で通報が有ったようです。
駐車して何処かへ行ってしまったとかではないので「停車」の扱いにしてくれました。ここは「駐車禁止、停車OK」の場所です。

お巡りさんは自転車で1人で来たので、たぶん最初から「口頭注意」だけを目的に来たのだと思います。
想像するにこれは、ここに撮影に来る人たちのマナーの良さがそうさせているはずです。マナーの悪い人たちが集まってしまうスポットだと、警察の対応もそれなりに厳しくなるはずです。これは先人に感謝です。
そして私たちもマナー良く退散することにしました。

それにしても、近隣住民の通報ってどういう内容だったのでしょうね。
公園内に車を乗り入れちゃってるグループも居たし、撮影の為に来てる人以外にも学生風の酔っ払い集団がワイワイと騒いでたし、その辺の可能性もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

スマートフォンが騒がれてるけど

スマートフォンが最近メディアを騒がせている。
妙に騒がしい。

スマートフォンとは、携帯電話であり、またパソコンの様な機能を持ち合わせた端末です。機種によって違うけれど、キーボードが付いていたり、タッチパネルであったり、このようにインターフェイスも様々だ。

スマートフォンを有名にしたのは何と言ってもアップル社の「iPhone」だろう。2007年にアメリカに登場し、2008年には日本にも上陸した。
あれから約1年半が過ぎ、日本企業も徐々にスマートフォンを開発し発売し始めた。そして最近発売されたのが、ソニーエリクソンの「Xperia」だ。

「Xperia」はNTTドコモのスマートフォンであり、ドコモが満を持して出したスマートフォンの一つだ。

■劇団ひとりのCM起用
いや、劇団ひとりが「Xperia」のCMに出てるってことじゃないですけどね。

劇団ひとりは2007年にドコモのCMに出演していた。そしてCM契約が切れ、2008年に「iPhone」が発売されると、テレビなどあらゆるメディアで「iPhone」を賞賛して回っていた。いわゆる「家電芸人」と言われる元となっていく行動だった。

しかし、2009年に入ると突如、劇団ひとりは再度ドコモのCMに起用され、「アンサーハウス」というシリーズCMへの参加となり、つまり長期間のCM契約の可能性が考えられる状態となった。

私が思うに、「iPhone」を自発的に宣伝していた劇団ひとりの行動をドコモはCM起用という形で止めたのではないか・・・と思うのです。それに「家電芸人」としてのイメージもCMとしてはプラスでしょうしね。

■最近のメディア
どうもおかしい。
「これからはスマートフォンの時代だ」「スマートフォンが熱い」みたいなメディア報道が目立ちすぎる。ドコモが力を入れている「Xperia」の登場ともタイミングが良すぎる。

つまり、PR会社の存在がここには有る訳ですね。
PR活動というのは、CMや看板などを使った宣伝ではなく、例えば著名人に商品のコメントをしてもらうとか、ドラマで商品が使われるとか、新聞や雑誌で特集を組んでもらうとか・・・。

どうもね、私はそのPR会社の情報操作ベクトルを感じてならない訳です。

■携帯会社の思惑
携帯契約数というのはここ数年、横ばいになろうとしている。つまり新規加入者が居ないと言う事。日本中に携帯は既に行きわたっているということ。携帯電話が飽和状態に有るということ。

携帯電話企業がこれ以上の拡大を模索するとしたら、新たな種類の付加価値を探し、それを売り出す必要がある。そして目を付けたのがスマートフォンなのです。
まぁ、携帯の飽和もスマートフォンの流行もアメリカが先行しているわけですけどね。

■スマートフォンは必要か
一番気になるのは、その需要は本物かということ。
PRに世間が踊らされて流行する商品というのはよくあるもの。

スマートフォンという存在はある程度、その価値と言うのは想像がつく。これは使いこなす人と必要ない人とで二極化が激しくなる商品だ。ケータイをメールなどのコミュニケーションツールとしてだけ使っている人からすればスマートフォンは必要ない。たぶん使いこなさないだろう。ケータイを端末としてデータ通信をする人、又は、従来ケータイよりもパソコンが得意な人にとってはスマートフォンは興味深い存在だろう。

私が思うにメディアで騒がれているほどの興味はない。
私は普通に「ちょっと使ってみたい」とは思うけれど、消費者側が「猫も杓子もスマートフォン」と受け取ってしまうのは間違いだろうね~。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

これって軍事機密?

iアプリを作ることに熱心な今日この頃です。

数千円のiアプリ開発の本とかいろいろ買って勉強している訳ですよ。凄く面白いんですよ、これが。

 

それでですね、とりあえずの目標は、ケータイのGPS機能を扱う事だったのですが・・・、どうやら私は、触れてはいけない部分に触れようとしているようです。

GPSというのは元々はアメリカ軍が開発したものであり、今も衛星の管理などは米軍が行っている…と思われる。

実はですね。
ドコモのiアプリ、GPS機能を扱う事に制限が設けられているんです。扱えないことは無いのですが、あらゆる方法で機能を制限したり、ブラックボックス化してあったりする。つまり表面的な機能しかプログラミングできない。
GPS機能の全てを扱いたい場合は、公式にドコモと契約をする必要があるようです。そしてそれらの機能を組み込んだiアプリをネットにUP出来るのはiモード公式サイトだけ。公式サイト以外からダウンロードしようとしても動かないらしい。

なるほどなぁ~。
GPSの受信機ってのは軍事部品に転用可能なものですからね。これが簡単に開発できてしまってはいけない訳ですね。iアプリを使ってミサイルにGPS巡航機能を付けることだって可能になってしまいかねない・・・。iアプリをネットに掲載しただけで武器輸出の罪で捕まりかねない・・・。

つまり、軍事機密のセキュリティの第一関門にぶち当たった訳です。そしてそれを突破しようとしてはいけない訳ですね。

まぁGPS機器というのは世の中にゴマンと有る訳で、ドコモが開発制限している機能に関しても、普通に扱う分には軍事利用なんて無理なんですけどね。しかし、もしそれを自由にしてしまっては何が起こるか解らない。IT技術ってのは抜け道の宝庫ですからね。これこそハッカーの巣窟。もし「軍事技術の第三国への拡散」云々の嫌疑がドコモに掛けられてしまっては、大企業として一大事ですからね。

あ~、それにしても残念だ。
開発したい。
扱ってみたい。

よく、映画などで「天才パソコン少年が興味本位でやっていたことが切っ掛けでそれが大事件に発展していく」という物語がある。映画「ウォー・ゲーム」では核戦争が起こりかけた。
なんだか、そういう物語の主人公達の気持がわかる気がする。

知識欲というか、挑戦する思いっていうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月31日 (日)

今日の空

Dsc03024_s Dsc03028_s Dsc03030_s Dsc03032_s Dsc03045_s Dsc03046_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

東京クルーズ 東京の中心に幻想的なトワイライトゾーン

8月16日、「NPO法人あそんで学ぶ環境と科学倶楽部」が主催する、「東京の水辺でエコツアー 神田川・日本橋川」に参加してきました。
その写真を掲載します。

天気予報では雨だったのですが、日ごろの行いが良いせいか当日、船に乗っていた午前中は殆んど快晴の天気でした。午後になって超土砂降りな天気に成りましたけどね。
やっぱりね、最近は夕立がゲリラ化することも多いし、こんな事もあろうかと、午前中の時間にクルーズを設定したんです。良かった良かった。

凄いです。
感動です。
いつもの東京のはずなのに、川の上から見た景色は全く違う世界でした。

Dsc02599_s Dsc02658_s Dsc02686_s

Dsc02550_s Dsc02562_s Dsc02576_s

Dsc02724_s Dsc02740_s Dsc02799_s

まだまだ凄い写真が沢山有ります  → 詳しくはこちらをご覧ください
※ 携帯電話からは見られません

川は良い。
水郷や運河で有名な観光地は世界中に数あれど、見慣れた街の隠れた水の名所を巡る事は、これは感動もひとしおです。
元々、私は神田川をクルーズしたくてこの計画を立てたわけですが、思いのほか日本橋川の方が感動の嵐でした。
日本橋が首都高速の影と成り、歴史的建造物の哀れを感じながらも、首都高速というこれもまた近代の歴史を形取る建造物に感激し、時代と時代の狭間の葛藤を感じながら、またそれによって環境が崩れている事も感じつつ、都会の水辺を密林の如くかいくぐって進む、この幻想感・・・。

人の力のみで作っていた時代の建造物は殆んどのものが自然に優しい科学の元に設計され栄華を誇っている。昔の技術では大自然のパワーを受け止めることが出来ず、自然を上手くいなして社会を設計する必要が有った事が、今にも残る美しさの源流となるのだろう。
しかし、現代の建造物は・・・、一見自然を押さえつけて余りある技術のパワー。それによって、自然を無視した設計の元の社会を作り上げてしまった。そしてそのシワ寄せが積み重なって、昨今の目に見えない環境矛盾が起こっている。ヒートアイランド、東京湾の赤潮、ヘドロ、ゴミ問題・・・。

何だか色々と考えさせられるクルーズツアーでした。

続きを読む "東京クルーズ 東京の中心に幻想的なトワイライトゾーン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

天体写真-定峰峠付近より

Dsc02483_s30 Dsc02490_s30
ISO-400 露出30秒 F/2.7   ISO-800 露出30秒 F/2.7

Dsc02491_s30 Dsc02477_s30
ISO-400 露出30秒 F/2.7   ISO-1600 露出30秒 F/4.5 デジカメ望遠78mm

Yahooマップ
Googleマップ

露出時間30秒は無理があったかもしれない。
10秒が限度かな。
撮影時間は22時です。
1枚目は東京方面を撮影したのですが、やはり空が明るいですね。肉眼では真っ暗だったのですが、カメラには空の明るさを感じ取ってしまうようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

雷を激写!

Dsc02332_s40

ISO-80 露出2秒 F値F/8

今日の夕方の雷です。
埼玉県、国道17号沿いのセブンイレブン駐車場から撮影。
雷を撮影するのは初めてだったのですが、凄くダイナミックな写真が撮れました。
全ての写真は編集していません。
カメラの設定で撮ってそのままの画像データです。
あ、縮小処理だけしてます。生データは 3264x2448 とデカイもんで。あと、下の4枚目だけトリミングしてます。

以下は、佳作。

Dsc02293_s40 Dsc02300_s40 Dsc02315_s25 Dsc02327_s50
Dsc02346_s40

最後のは、高圧送電線の鉄塔に落ちたのでしょうか。
この写真は古いディスプレーで見ると白トビして大迫力の雷が見えないようです。
もっと露出を下げてれば格好良い写真になったのかもしれません。


以下は、雷の後に出た虹を撮影・・・と思ったら、稲光が!!
凄く幻想的な瞬間だったのに、車の中からの撮影でがっかり・・。
フロントガラスの水滴が残念だ。

Dsc02425_s25 Dsc02426_s25

ISO-80 露出0.5秒 F値F/8

地域によっては綺麗な虹が見られたところが多いようですね。
昨日の虹ネタのブログ
私も、カメラを構えた位置が1kmでも違っていれば、「虹のアーチの中に稲光」・・とか、そんな格好良い写真が取れたかもしれない・・・。

東の空ばかり撮っていたら、西の空がすごい夕焼けでした。
カメラを片付けた後に気が付くなんて・・・。
カメラを用意しなおしたら、もう綺麗な夕焼けは終わってました。
http://3keep2004.cocolog-nifty.com/root17/2008/07/post_07e8.html
↑こちらの「√17」さんの夕焼けみたいな感じでした。
私も撮りたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

パトレイバーな風景

今は2008年であるのに今更ですが、私は「機動警察パトレイバー the Movie」が大好きです。
1989年の押井守監督による作品です。

この物語の何がいいって・・・、ほとんど全てですね。
帆場栄一の存在も好きだし、HOS(Hyper Operating System)も良い、そして全てにおいてキャラがいい、ギャグセンスも好き。社会の描き方が凄い。
(「帆場が好き」っていうと社会的に語弊があるかもしれないですけどね・・・犯罪者だし)
最後の最後が、ハリウッド映画みたいな「殴り合い」で終わってるのがちょっと残念な作品です。ロボット同士の戦いですけどね。私としては残念。あのロボット格闘が好きって人も沢山いるようですけどね。

ま、そんなことはどうでも良いんです。

この映画は、風景がまた凄くいいんです。
芸術の域です。
松井刑事達が荒廃する東京を散策する風景です。

そして、そんな風景を探したくて東京の街を四方探し回ったんです。映画を知らなければ何の変哲もない風景とも思われかねない物が多いですが、数々の写真を集めましたのでここで掲示したいと思ったしだいです。

 

続きを読む "パトレイバーな風景"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

今週の夜景

無性に、シャッター長押し撮影がしたくて、夜中に撮影クルージングしてきちゃいました。

美女木ジャンクション
Dsc02148_ex1_2 Dsc02151_ex1 Dsc02153_ex1 Dsc02140_ex2_bt Dsc02135_ex2
F値 F/4.5 露出 1.6秒 ISO-100
F値 F/4.5 露出 2.5秒 ISO-100
F値 F/8 露出 13秒 ISO-100
F値 F/4.5 露出 2.5秒 ISO-100
F値 F/4.5 露出 2.5秒 ISO-100
隠れた絶景ポイントです。
やっぱりオレンジ色に照らされる巨大建造物は美しい。


与野ジャンクション
Dsc02157_ex1 Dsc02158_ex1 Dsc02159_ex1 Dsc02161_ex1
F値 F/8 露出 15秒 ISO-80
F値 F/8 露出 15秒 ISO-80
F値 F/8 露出 13秒 ISO-80
F値 F/8 露出 8秒 ISO-100
やっぱり長押しは芸術だ!セッティングと通行車両の偶然が生んだ芸術だ。
同じポジションでこんなにも世界が違う。


朝日
Dsc02132 Dsc02133
F値 F/4.5 露出 1/800秒 ISO-100
F値 F/4.5 露出 1/320秒 ISO-100
ヤタガラス(八咫烏)が写るかな?と思ってシャッターを押しました。
ヤタガラスとは、日本古来の太陽神であり、勝利の神。 実際のところ太陽の「黒点」を古代の人たちがカラスと表現したものだとされている。Wikipedia
今回の写真は、朝日に電線を絡めることで黒点が撮影できないかな・・・と思ってやってみました。
結果は・・・、無理でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧