学問・資格

2008年10月12日 (日)

ドラマの感想ブログを見て思うこと

ドラマやアニメその他テレビ番組など、興味の有る作品がテレビなどで放送された後、私は興味が大いにあるので、ネット上での反響を閲覧して回る。
昨今では、ブログにて放送直後からあらゆる記事が踊る。

そんな中で思うのは、「感想と称して物語のあらすじ説明だけしている記事が多い」ということ。
あらすじをダラダラと書き連ね、所々に感嘆や思った言葉を入れているだけ。「すげー」「おぉ!」「かわいい」「怖い・・・」等等。

これは実は、小学生の読書感想文にて現れる、何ともお粗末な文章と全く同じもの。
長々とあらすじを述べた後に、最後「・・・はかわいそうだと思いました。」、「うれしそうなのでよかったと思いました。」とか、こんな感じで終る文章。そしてまた次のストーリー展開を説明したあげく「・・・思いました。」・・・と、これの連続で原稿用紙が埋まる感想文と称したあらすじ説明文書。
これで充分な感想文だとここの人間が思っているからまた厄介だ。

書き手は「あらすじをまず書く」ということで、読み手へ自分と同じ感情を抱かせようとしている。自分の感情説明を省こうとしている訳だ。意識してなくても実はそういう行動の意味が有る。自分を文章で説明する能力が掛けていることにより、その逃げ道として「あらすじ説明」の文章が入る。
文章力が無いのに、自分の感情は外に伝えたい。そんな低能力と衝動のぶつかり合いによって生まれた、つまらないネット上の「感想文」。

ガキの国語力から成長が見られない人間が多い。
「そんなの人の勝手だ」「文句言われる筋合いの物ではない」と思うかもしれないが、実はこれは社会にとって凄く残念な事だ。日本にとって、国語力の低迷、感情説明能力の低迷、文章構成能力の低迷は由々しき問題であり、大きな社会問題の種と言っても良い。

考える能力、表現する能力、主張する能力、議論する能力が足りない人間が日本には多い。小学校から始まる国語の義務教育にて、漢字の書き取りにて点数を競わせる教育は行われるが、例えば自ら言葉を作り出しモノを説明する能力の学習競争は行われない。
外国の先進的な教育の中の多くには「ディベート」や「意見交換」などを重視した教育が盛んだ。日本もこういう教育は必要だと感じる。

ドラマのネタを語ったブログでたまに、「○○くんカワイイ~」とかの、アイドルの追っかけ的な感想文を書いている人がいる。前者に比べたら何とも有意義な感想文なことか。
ボキャブラリーに乏しい文章は多いが、自分の感情を充分に説明し感想として成り立っている文章。
かつて映画評論家の淀川長治は、日曜洋画劇場でのコメントにて駄作映画の批評をするとき、そこに出ている役者の過去の秀作や生い立ちを紹介し評価し、映画自体の批評を避けていた。私はこれはこれで良いことだと思うし、ファンがアイドル俳優を追いかけるのもその域だと思う。
とても有意義だ。

 

ネット上で小説と称する文書を書いている人がたまにいる。
こういうのは大抵「台本」に分類される文書を書いてそれを小説だとしている。台詞しかない文章。鍵カッコで括られた文章しかない文書。これも自らの説明能力の無さが招いた愚かな文書。自分が描いた世界観、情景、状況の説明能力の無さが招いたもの。

 

インターネットは万人が情報を発信できる道具であり、その中には下手な文章を書く人間だって多数いて当然だ。
しかし、あまりにもそれが多い。
まるで国語の落ちこぼればかりが日本中に溢れているイメージだ。

文科省よ、各地の教育委員会よ、こんなので良いんですか?
無能に型抜きされた量産国語辞典さえ生産できれば国語力っていいと思ってるんですか?
私はこれは日本の教育界の無能を示す指標だと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

東京大学工学部精密工学科 准教授 横井浩史さんへ

TBSの番組「夢の扉」をみて感激しました。
http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20080224.html

東京大学のHPにいってみましたが、個人は勿論、大学のメールアドレスも載っていなかったので、あえてこの場で、述べさせていただきます。
どうかこの文章が、横井浩史准教授に届きますように・・・。

義手のモーターの重さに関して色々試行錯誤しておられましたが、私は1つ提案したい事があります。
放送の中で使われていた義手のモーターは、回転モーターを使用していたようですが、これをリニアモーターに変更してみてはいかがでしょう。
回転力によってワイヤーを引いている現在の機構よりも、リニアモーターによって直接の引っ張り力によって駆動した方が、機械的にも負担が少ないし、何より省スペースです。
そして何よりお薦めしたい理由が、「回転モーターよりも、リニア駆動の方が軽量化される可能性が高い」という理由です。

今回、子供用の義手と言う事で軽量化が急務になったわけですが、軽量化というのは大人用であったとしてもこれはいつか通る道であって、義手を複雑機構化するに当たっても求められる課題だと思います。
思い切って駆動系を変えることは面白い試みだと思います。
完成したら更なる飛躍が望めるからです。

私は職業の関係で、シチズンマシナリーという会社(時計のシチズン系列の会社)の工作機械「R04」という機械に触れる機会がありました。
http://www.citizen.co.jp/pmd/products/cincom/r0407.html
これは、横移動(X軸)の刃物の移動にリニア駆動を採用する事により、駆動部分の省スペース化を成した機械です。今までの機構はサーボモーターによりボールネジを回す事で横方向の精密移動を行っていたのですが、やぱり、構造上小型化が難しい機構でした。
R04は制度の関係上、軽量化はあえて行っていないのですが、これを義手と相当するならば省スペースと軽量化を成すことは可能でしょう。

回転モーターは重い。
回転機構はスペースをとりやすい。
それに比べて、リニアモーターは、
駆動部分がそのまま直線運動なので回転機構が無い。
モーター形状を細長くできて腕にフィットしやすい。
それに研究次第ではクネクネ自由に曲がるリニアレールも可能でしょう。更に腕にフィットな可能性ですよ。
省スペースだから、手と腕の筋肉全ての本数、モーターを取り付ける事だって可能かもしれません。
どうかご検討していただきたいです。

 
東京大学工学部精密工学科 横井浩史准教授
http://www.pe.t.u-tokyo.ac.jp/ug/faculty/yokoi_hr.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

「もやしもん」は素晴らしい漫画だ

  

今、フジテレビの深夜で「もやしもん」というアニメを放送している。
http://www.kamosuzo.tv/top.html

これは農大で繰り広げられるコミカルでケミカルな学術的作品だ。
主人公は肉眼で菌を見ることが出来る超能力を持っていて・・・後はごく普通。
長閑な学園風景だ。

この作品ではあらゆる菌の可能性は実態を漫画(アニメ)で解かりやすく説明し、またそれがとてもドラマチックな展開を見せてくれる。
非常に面白い。
やってくれるぜ、作者。

フジテレビでは、「もやしもん」の後に「たけしのコマネチ大学数学科」を放送している。
この時間は素晴らしい!
やってくれるぜ、フジテレビ!


私は学生の頃は情報処理やマルチメディアの方向へ学問の興味が行っていたのだが・・・、最近では生物学や自然科学、そして工学に関して凄く興味がある。
コンピュータ関連のことを一通り勉強してその方向への興味の割合が減ったからなのかも知れないが、今は凄く後悔している。 ・・・農業大学とか、工業大学とか、すげー行きたい! 今になって凄く興味津々な学問分野です。
東京農工大学とか良いな。両方学べそうで。 あそこ、レベル的にはどうなんだっけか?? 国立だよね・・。
東京農工大学
http://www.tuat.ac.jp/index.shtml
いいなぁ、行きたい。 社会人対象の入試って有るのかな。 やっぱ予備校行かないと無理かな。
自営業だし、休職して、学生になっちゃおうかな・・・。

学ぶって楽しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

「シュミレーション」と「ふいんき」は新しい

「シュミレーション」というのは「シミュレーション」の間違った言い方だ。
「ふんいき」も、「ふんいき(雰囲気)」の間違え。

実は、「あたらしい」も、昔は「あらたしい」と言うのが正しかった。
しかし現代では「新しい」は「あたらしい」とよむ。
国語の教科書にもそう出ている。

歴史を重ねれば、「しゅみれーしょん」も「ふいんき」も正しい言葉になってしまうのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

たけしのコマネチ大学数学科 第21回 - 等分

問題です。
Koma21_1

今回これが問題だったのですが、あまりにも簡単だったためこの問題が例題的な存在になってしまいました。
ちなみに答えは以下の通り。
答え


で、次に出された問題がこれです。
Koma21_2

これはちょっと悩んでしまいます。
1問目とは勝手が違うようですよ。

解説と答えです。
解説と答え
番組の模範解答もこれと全く同じでした。
でもこれって、私とすればあまり面白い問題じゃないです。
1問目の方が好きです。簡単だったから・・・とかじゃなくて、考え方が。


番組では以下のような図形の紹介もしていました。
問題とは違う「等分」ですが、こっちも面白いです。
Koma21_52

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

たけしのコマネチ大学数学科 第62回 - 秋の数学祭り

今回の放送は3問です。
立体や空間の問題です。

1問目
Koma62_11
一瞬、1~3が有力に見えますけどね。
1問目の答え
1問目の解説


2問目
Koma62_21
投影図の回にやった種類の問題ですね。
2問目の答え
頭の中での完成は早く出来ましたが、粘土で作るのが大変そうですね。
時間かけて角々の完璧なものを作ってみたいです・・・。


3問目
Koma62_31
いきなり数学って感じですね。
東大生の工程
私も東大生と同じ方法で作図しました。
3問目の答え

私はとりあえず3問とも正解しましたが、1問目がギリギリでした。
私も、マスや東大生と同じで2が正解だと思ってました。
締め切り時間ギリギリになって、5が正解だと気が付きましたよ。
答えが解かったので、CM入りの時の東大生の「えぇぇぇ~~!!」の意味がよ~~~く理解できましたよ。

こういうのもたまには良いですね。
面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

たけしのコマネチ大学数学科 第20回 - ラマヌジャン

「ラマヌジャン」 素晴らしい数学の天才の1人です。
インド人ですねぇ。
インドの数学の天才を紹介されるたびに、インドの脅威さが身に染みてきますよ。
日本人も頑張らねば!

問題です。
Koma20_1

10~50軒ってところに、問題のアヤフヤさを感じましたが、ちょっと計算してみたら解かりました。
件数が限定的だと問題は解けないんですね。

例題として、家が8件の時の場合を紹介していました。
Koma20_2
家が8件の場合は6件目が答えなんですね。
1~5を全部足すと 15
7+8は 15
よって答えは 6件目

続きを読む "たけしのコマネチ大学数学科 第20回 - ラマヌジャン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たけしのコマネチ大学数学科 第18回 19回

あまり興味の湧かなかった問題2つを紹介。


第18回 「割当問題」

野球のポジションを決める問題です。

Koma18_1

数字が小さいほど成績が良い、っていう数字の付け方です。

私は答えにたどり着けませんでした。
回答と解説を聞いても、あまり興味がそそられなかったです。
割当問題の解説1
割当問題の解説2
割当問題の解説3
縦横で足したり引いたりして「0」になるポジションを限定的にするわけですね。


第19回 「ジャンケンゲーム理論」

ジャンケンの必勝法を考える問題ですね。
ジャンケン、必勝法、と言うと「カイジ」の限定ジャンケンを思い出して凄く興味津々で観たわけですが、ちょっと肩透かしでした。
「グリコ、チヨコレイト、パイナツプル」のジャンケンゲームの最善策を考える問題でした。

マス北野の「グリコはうまかった12個も入ってた・・・」ってのは私の壷にはまりました!!

問題です。
Koma19_1

解説と回答は、こんな感じ。
ジャンケンゲーム理論の解説
回答 「 グー : チョキ : パー = 2 : 2 : 1 

計算方法も紹介されてましたけどね。
ま、興味がそそられなかった。
ジャンケンの理論も、ゲーム理論も好きな部類なのに、なぜかジャンケンゲーム理論は好きになれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

黄金比と、フィボナッチと、細胞分裂と・・・ 改訂版

黄金比・・・。
人はそれを美しいと感じる。
それはなぜか。
科学的、数学的に説明してみよう。
以下の文章は全て私の仮説です。ご了承ください。


黄金比は細胞分裂での細胞の増える数値と同じになる。
よって正常に細胞分裂したものは長さの比率が黄金比になり、
人間はそれを美しいと感じるようにプログラミングされているのだ。
正常に成長したモノを美しいと感じるようにDNAに記されているのだ。

黄金比はしばしばフィボナッチ数列で語られる。
詳しくは・・・、調べてください。これで。
では、細胞分裂とフィボナッチの関連性を以下に示します。
(↓以下が改訂版↓)(以前の記事) →改訂のキッカケ

1  2  3  5  8  13  21(個) ←フィボナッチ数列
●┬●┬○
  │  └●┬●┬○
  │     │  └●┬●┬○
  │     │     │  └●
  │     │     └●┬●
  │     │        └●
  │     └●┬●┬○
  │        │  └●┬●
  │        │     └●
  │        └●┬●┬○
  │           │  └●
  │           └●┬●
  │              └●
  └●┬●┬○
     │  └●┬●┬○
     │     │  └●┬●
     │     │     └●
     │     └●┬●┬○
     │        │  └●
     │        └●┬●
     │           └●
     └●┬●┬○
        │  └●┬●┬○
        │     │  └●
        │     └●┬●
        │        └●
        └●┬●┬○
           │  └●┬●
           │     └●
           └●┬●┬○
              │  └●
              └●┬●
                 └●
●生きてる細胞
○死亡した細胞

細胞が生まれた後、2回細胞分裂して、その後死亡する。そしてそれを繰り返す・・
・・・の図。
以前の記事だと、細胞が死なないのでそこに矛盾があったんです。2ちゃんねるにて指摘を受けて論を改訂しました。
(改訂版が今になったのは、・・・ブログにこの記事があったことを忘れてたから・・ですぅ)

老いると分裂の回数やバランスが崩れてしまう為、フィボナッチから掛け離れた比率になってしまう。
よって老いると美から外れてしまうのだ。


以上、私の仮説でした。(改訂版)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年5月16日 (水)

たけしのコマネチ大学数学科 第17回 - エッシャー

この回の冒頭での会話によると、塾の講師などがこの番組を注目しているとか・・・。
それを聞いてたけしが、
「何本か溜まったらビデオ化だな」
と発言!

おぉ、発売されたら嬉しいです。
でもこの発言(2006年8月)からだいぶ経ちましたが未だにその噂すら聞きません。
たぶん計画は、本の出版だけに留まったのでしょう。

コマ大数学科特別集中講座


ええ、今回の問題は「エッシャー」です。
エッシャーとは、不思議な絵を描く人です。
   


では最初に、例題です。
Koma17_1

まぁ簡単ですね。
正解はこんな感じ。
Koma17_1_2


そしてここからが本題です。
Koma17_2
この図の立体をつくりなさい、と言うのが問題です。

複雑にめんどくさく考えちゃう人も多いかもしれませんね。
番組では、たけしも東大生も面倒な方法で表現していました。

続きを読む "たけしのコマネチ大学数学科 第17回 - エッシャー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧