スポーツ

2014年8月27日 (水)

野球選手評価の為の新基準「新打率」「新防御率」

従来の打率計算

打率
=安打/打数

新打率の計算

新打率=(塁打数-安打+四球+盗塁)/打数

塁打数とは、本塁打=4、三塁打=3、二塁打=2、一塁打=1、という数値。
長打力を計る数値。

提唱者
レッドソックス ジョン・ヘンリー オーナー そしてヘッジファンド経営者
GM セオ・エプスタイン

 

 

従来の防御率

防御率=(自責点/投球回)×9
一試合あたり何点取られたかを表す数値
(チームの守備力に影響されるので、本来の投手の実力と評価が違ったものに成る可能性が有る)

新防御率

投手の能力を計るのに最も重要な指標は、フォアボールの少なさと、三振の多さである。

新防御率=三振/四球

提唱者
野球データ分析愛好家 ボロス・マックラッケン

http://ja.wikipedia.org/wiki/DIPS_(%E9%87%8E%E7%90%83)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

マラソン用スペシャル腕時計 続報

以前、

マラソン必勝の為のIT化を提案「スペシャル腕時計」

という記事を書きました。
マラソンのペースメーカーの代わりをする腕時計の提案でした。
「どこかでこういう腕時計を作ってくれないかなぁ~」っていう内容の記事だったのですが・・・。

 

どうやら、スポーツメーカーのアディダスがやってくれるようですよ。

miCoach SMART RUN という腕時計です。

まぁでもまだまだ機能は足りなさそうですけどね。
主に、「心拍計」と「GPS機能」が付いたのが特色といえるでしょうか。

Photo

私が思い描くのは、

Androidが動くようなスマホ感覚の腕時計、
アプリが使える腕時計が欲しいものです。

で、心拍計とGPSデータを利用したマラソンの為の「リアルタイムなペース配分アプリ」が欲しい訳です。

いや、私が欲しい訳ではなく、そういう腕時計があれば、マラソン界が全然違うモノに成っていくんじゃないか・・・という話ですけどね。

で、これを応用すると、趣味やダイエットの為のジョギングでも、有意義さが増すと思うんですよね。

心拍計とGPSが付いたのは良いと思うんですよ。
もう一段階です。Android端末にしましょう。ネットに繋がなくても良いです。
スタンドアローンな機器で良いですから。
アプリで管理したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

マラソン必勝の為のIT化を提案「スペシャル腕時計」

さぁロンドンオリンピックです。
今夜は女子のマラソンです。

今回のオリンピックではマラソンはそれ程期待されてはいない。でも、やっぱりマラソンは見ていて面白いし、見ていると次第に期待してしまう。

ニュース記事などを読むと、

・アフリカ勢のペースのゆさぶりが心配だ
・スローペースなら自分が主導権を

選手たちがレース前に心配するのは常にペースに関する事です。
つまり、ペースづくりが成績を左右するってことですね。
そうなんですよね・・・

私も実は中学高校と陸上部で、1500mの選手だった。陸上競技ではペースの駆け引きってのはかなり精神的に応える。そして筋肉が限界を感じる前に脳が限界を感じて拒否反応を出したりする。スポーツ医学的にどうだかは解らないけれど、イメージ的にはそんな感じになる。

「駆け引きなんてしないで、いつもの自分のペースを守ればいいじゃないか」

そう思う人も多いかもしれない。
でも、レース中に自分のペースを客観的に感じることは、実はとても難しい。ハイに成っていたり、緊張していたり、場の空気に呑まれたり、環境や状態の違いによって、それはとても難しいこととなる。

 

 

それでですね、いま急に思いついたんですよ。

ペース配分のTI化です。

続きを読む "マラソン必勝の為のIT化を提案「スペシャル腕時計」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

ドンマイ駒野ありがとう!

日本のサッカーワールドカップ、素晴らしかった!
残念な想いよりもね、
もう満足感でいっぱいですよ。

ドンマイ、駒野!
そして選手とスタッフ全員に、ありがとう!
この高揚感をありがとう。

数字的な記録は、2002年の時のベスト16と同じで成長が無いように感じるが、内容は全く違った。素晴らしい。8年前も感動が多かったけどね。そこからの成長がみられたことも感心ですよ。

駒野もね頑張ったのに最後に失敗してしまって、もう何と言って良いか、丸一日かかってやっと彼に掛ける言葉が見つりましたよ。
「ドンマイ、駒野」
今日か明日くらいに日本に到着するようですけどね。空港に出迎えて駒野にそう声を掛けてあげたいですよ。

・・・そしてワールドカップはまだ終わっていない。
世界の高みをこれから存分に観て楽しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

ブブゼラとテレビ放送

良いですね、ワールドカップ!
ウルサイですよね、ブブゼラ。

 

ちょっとね、昨日NHKの放送(※日本戦じゃありません)を見てて気が付いたんですけど、ブブゼラの音がうるさくなくなったんですね。そして同時に解説と実況の声もちょっと変な状態でした。
まぁ普通に声は聞き取れるので大丈夫でしたけど。

なんか、音の周波数が変な感じ。
変に波打って、周期的にブブゼラの音が強く成ったり弱く成ったり、
つまり、音をいじってるんですね。

これはNHKさん、やってくれましたよ。
凄いね。
対応が早い。

多分ですけど、NHKはブブゼラの音だけを消す音声フィルターを作ったんですよ。まだ不安定なのかもしれないですけどね。

で、そのフィルターシステムは南アフリカのNHK基地にはまだ無くて、だからスタジアムの音と実況解説の音声と混ざった映像ソースに対して、国内のNHK施設にてフィルターを掛けて放送しているんじゃないか・・・と。

もしそうだとするならば、週末か来週あたりにはもう現地にもフィルターシステムが装備されて、今度はスタジアムの音だけにフィルターを掛けて、実況音声は正常。・・・そうなると思うんですけど、どうですかね。

対応が良いね。

 

でも、テレビで観戦している人はそれで良いんですけど、現地で観戦している人や、ましてや選手なんかの音の悩みはぬぐえないですね。うるさいんだろうなぁ。

とある番組で音を測定した結果、100デシベル以上だって。
そうですか。
レーシングカーの爆音並みですか。
沖縄米軍基地の騒音被害並みですか。
うわぁ~。

いや、っていうか、沖縄の人の被害ってすげーな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

菊池雄星が不安

菊池雄星は典型的な「ゆとり世代」といえるだろう。

菊池雄星が今年のプロ野球界の目玉の一つとなろうとしている。
私には彼に対する気がかりな部分がある。

それは、彼の言動だ。
哲学書などから得たもっともらしい口調のウンチクと生き方理論みたいなアレです。

 

アレね。
実は「ゆとり世代」の「お利口さんグループ」に属する人の典型なんです。そして駄目パターンの一つでもあるんです。

私は多くのゆとり世代と接してきて感じるんです。
菊池雄星はヤバイ。

HoweTo本の如く、知識や方法論などは幾らでも口から出てくるんです。しかし、実際に困難に接した時にそれを乗り越える心や技が備わっていない。つまり全然根性が磨かれていない・・・そういう世代でありパターンなんです。

断言はしませんけどね。
彼はヤバイような気がします。
そしてこれは治りませんよ。

・・・最近ずっとそう思ってたんですよ。
で、今ネットニュースを見たら松坂大輔が同じような事を言ってるじゃないですか。やっぱり感じる人は感じてるんですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100311-00000000-spn-base
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/03/11/01.html

――雄星くんはよく本を読むって聞いているし、研究熱心だというのも聞いているけど、やっぱり考えすぎじゃないかな。物事を知りすぎて、頭に詰め込みすぎても結果的には駄目だと思う。頭だけで考えていたら、どつぼにはまってしまう可能性がある。雄星くんはよく本を読むって聞いているし、研究熱心だというのも聞いているけど、やっぱり考えすぎじゃないかな。物事を知りすぎて、頭に詰め込みすぎても結果的には駄目だと思う。頭だけで考えていたら、どつぼにはまってしまう可能性がある。

しばしば、菊池雄星は石川遼と比べられることが有る。
見た感じでは双方とも「しっかりした18歳」とか映るかだでしょう。でもね、2人は全然ちがう。 遼君は社交的な部分で大人らしさを出しているだけであって、決して変に理屈っぽい訳では無い。 しかし雄星のアレは社交的である訳でもなく、大人じみた口調で理屈を並べて自分を単に律しているだけ。これからのプロ生活において精神的な理論武装が解かれてしまった時、彼は崩れてしまうだろう。彼はそれをどう乗り切るのだろうか。いや、乗り切れるのだろうか。彼の今後が気に成ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

筑波サーキット 2010/02/14

年に数回、筑波サーキットで行われるスーパー草レース「GTCC」。

日曜日開催で、出場台数が多くなりました。
そしてギャラリーもいっぱい!

楽しかったけど、事故やリタイアも多かった。
個人的にはスーパー楽しかったです。

続きを読む "筑波サーキット 2010/02/14"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

安治川親方

Tky201002020490

安治川親方、
あんたカッコイイよ。

涙が出るくらい格好良い!

貴乃花親方の行動も格好良いけどさ、あんた最高だよ。マジで感動した。

退職会見なんてもう「滅びの美学」でしたよ。
「散って花となる・・・」、
角界の行く末を案じながら我が身朽ち果てる。そんな覚悟。

「身はたとえ、武蔵の野辺に朽ちぬとも、留めおかまし大和魂」、吉田松陰の辞世の句ですけどね。場面は違えど、そんな感じです。

退職撤回はまず喜ばしいことで。

安治川親方が退職撤回 立浪一門にも残留
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000255-jij-spo

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo3_smo_30&k=2010020300929

退職しないにしても・・・、この先どうなるのか。
角界の外側から、我々は彼を支えていかなくてはいけない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

私は朝青龍が好きだよ

間違ってるのは、老人たちとマスコミだと私は考えますよ。

良いじゃないか。
朝青龍に文句言ってるやつらは何様だ。

国技?
大相撲って自称国技だし・・・。

元来、相撲取りというのは、江戸時代の頃は、街のガキ大将の集まりですよ。ガキ大将の日本一決定戦。
ヤンチャが本来の相撲さ。

品格って言うけどさ。
相撲に何を求めてるのか。

マゲを結ってるからって、何か勘違いしてるでしょうか。
明治時代の断髪令をかいくぐった・・・とか勘違いしてるんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

「ONE OUTS」みたいなWBC

いやぁ、ビックリ。

今放送していたテレ朝「報道ステーション」にて、松坂が独占インタビューに答えてたんです。そしてその内容がマンガ「ONE OUTS」の展開にそっくり!

以前の記事→「ONE OUTS」を読んでみた
 

WBCでの日本vsキューバの試合のこと。

松坂が球を投げる直前、キューバベンチから掛け声がして、それに反応してバッターがバットを振る。なんとその時、松坂が投げるコースを声にてバッターに教えていたのだという。

続きを読む "「ONE OUTS」みたいなWBC"

| | コメント (0) | トラックバック (0)