鉄道写真

2013年12月19日 (木)

当面の目標

Dsc_3105_s

今週、このようなパール富士を撮影した訳だけれど、
実はあまり満足していない。
気象条件にかんしては仕方がないとして、
やっぱり、持ってる機材に不満があります。

すなわち、レンズです。

これは、富士宮から300mm(フルサイズ換算450mm)で撮影しました。

やっぱり迫力に掛けます。
もっと望遠させたい。
500mmや600mmのレンズが欲しい。

例えば、600mm(フルサイズ換算900mm)だと、
↓こんな感じで撮影できるはず。
Dsc_3105_t_s
これは、トリミングしたものなので、解像度が悪いです。
普通にトリミングなしで、この様な写真が撮りたい!
剣ヶ峰の小屋がクッキリ撮影できるような、そんなパール富士撮影がしたい。

800mmのミラーレンズってのも持ってるんです。試しに遊び目的で(無駄になってもいい覚悟で)買ったんです。
これはやっぱり本格的には使えません。 ピントが合わせづらいし、解像度も低い。そして暗い。

300mmのズームレンズに、2倍のテレコンバータでも付けようか。
これで600mmになる。
しかし、これも実は問題が有るんです。個人的な。
実は今持ってる300mmは、貰い物なんです。友人が「レンズにカビが生えちゃったから・・・」と、捨てる予定のモノを、練習用にと貰ったんです。
つまり、300mmのレンズも買い替えたいんですよね。

300mmのズームレンズとテレコンバータを買おうか。
それとも、シグマやタムロンの500mmや600mmのズームレンズでも買おうか。
この辺は、いつもお世話になってるカメラ屋さんに相談してみよう。

・・・ていうか、それ以前に、まずお金を作らなきゃ。

 

----以下追記----
カメラ屋さんに相談に行きました。
そしたら、私の持ってる300mmのレンズにはテレコンは付けられないのだとか。
あぁ~、なんてこったい!

てことで目標は、
タムロン150-600mm、
シグマ50-500mm、150-500mm、
この辺のどれかと成りました。

頑張って、金を貯めよう。

続きを読む "当面の目標"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

また、小湊鉄道に行ってきた

Dsc_9871_s
(月崎駅付近)

先週は桜が咲いてなかった。
今週は桜が散った後なのだろうか。

山の桜は難しい。

でも菜の花が綺麗だ・・・。

Dsc_9586_7_8_tonemapped_s Dsc_9751__s
(里見駅南付近)                (飯給駅)

 Dsc_9649_s_2 Dsc_9898_899_900_tonemapped_s
(里見駅南付近)           (里見駅ホームより北側)

Dsc_9805__s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

小湊鉄道をHDR撮影

「HDR」とは、
「ハイダイナミックレンジ」の略です。

2枚以上の露出の違う写真を合成し「暗い部分」と「明るい部分」を合わせて1枚の写真とする、写真や動画の特殊技法です。

小湊鉄道とは、鉄道ファンなら知らない人は居ないであろう、寂れた雰囲気の単線気動車の路線です。沿線住民以外にも各種鉄道ファン達が詰め寄り、いすみ鉄道と共に、観光路線とも言える鉄道です。

Hdr_07_s
飯給駅(いたぶ駅)

Hdr_01_s Hdr_02_s
五井駅                      高滝駅

Hdr_04_s Hdr_06_s
養老渓谷駅                   月崎駅

Hdr_05_s Hdr_03_s
飯給駅                      里見駅

 

今回は、春の小湊鉄道の写真をHDR編集してみました。合成に使用した写真の枚数は1作品に付き3枚ずつです。

HDR撮影をするには、普通のフォト編集ソフトでは出来ません。
HDR合成は特殊なので、それ専用の機能が付いた編集ソフトじゃないと作れません。

あと、出来れば撮影には三脚が有った方が良いです。3連写して3枚とも同じ形の写真に成らないといけないので。・・・私は今回は使ってないですけどね。手持ちで撮影しました。

続きを読む "小湊鉄道をHDR撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小湊鉄道に行ってきた

2013年3月23日

桜はまだ早かった。
でも菜の花が最高でした。

小湊鉄道・・・、良いところでした。
初めて行きました。

次は、いすみ鉄道の方まで行ってみたいです。

Dsc_9504_s
飯給駅(いたぶえき)

Dsc_9322_s
高滝駅

Dsc_9412_s
月崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)