鉄道

2017年5月 6日 (土)

ドクターイエローの回

NHKの「探検バクモン」でドクターイエローをやってました。

その中で、レールの検査についてのところで、
JRの人が、

「1秒間に1000回のレーザー測定を行っている」
「つまり、25cm間隔で測定をしている」
と言っていました。

え?
てことは、
「 25cm × 1000回 = 秒速25000cm 」
で走行しているってこと?
「 秒速25000cm = 時速90000000cm = 時速900km 」
ですよ!

え?時速900キロ?
何かの間違いでしょ。

たぶん、JRの人が言い間違えたんですよ。
「25cm」じゃなくて
「25mm」なのでは?

そうなれば、検査時の走行スピードは、時速90kmになって、正常な数値に成ります。

 

大丈夫だろうか、
新幹線は昨今、海外への輸出を目指しています。
そしてドクターイエローにも、各国の視察団が乗るようです。
その時の説明で、数字の桁を間違えて説明してるとかないでしょうか・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

また、小湊鉄道に行ってきた

Dsc_9871_s
(月崎駅付近)

先週は桜が咲いてなかった。
今週は桜が散った後なのだろうか。

山の桜は難しい。

でも菜の花が綺麗だ・・・。

Dsc_9586_7_8_tonemapped_s Dsc_9751__s
(里見駅南付近)                (飯給駅)

 Dsc_9649_s_2 Dsc_9898_899_900_tonemapped_s
(里見駅南付近)           (里見駅ホームより北側)

Dsc_9805__s

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

小湊鉄道をHDR撮影

「HDR」とは、
「ハイダイナミックレンジ」の略です。

2枚以上の露出の違う写真を合成し「暗い部分」と「明るい部分」を合わせて1枚の写真とする、写真や動画の特殊技法です。

小湊鉄道とは、鉄道ファンなら知らない人は居ないであろう、寂れた雰囲気の単線気動車の路線です。沿線住民以外にも各種鉄道ファン達が詰め寄り、いすみ鉄道と共に、観光路線とも言える鉄道です。

Hdr_07_s
飯給駅(いたぶ駅)

Hdr_01_s Hdr_02_s
五井駅                      高滝駅

Hdr_04_s Hdr_06_s
養老渓谷駅                   月崎駅

Hdr_05_s Hdr_03_s
飯給駅                      里見駅

 

今回は、春の小湊鉄道の写真をHDR編集してみました。合成に使用した写真の枚数は1作品に付き3枚ずつです。

HDR撮影をするには、普通のフォト編集ソフトでは出来ません。
HDR合成は特殊なので、それ専用の機能が付いた編集ソフトじゃないと作れません。

あと、出来れば撮影には三脚が有った方が良いです。3連写して3枚とも同じ形の写真に成らないといけないので。・・・私は今回は使ってないですけどね。手持ちで撮影しました。

続きを読む "小湊鉄道をHDR撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

上野でブルートレイン激写の旅(天丼とガンダム付き)

ニコニコ動画がチャーターしちゃったブルートレイン「ニコニコ超会議号」。

にわか鉄ちゃんに磨きが掛かってきた私としましてはですよ、これを撮りに行かない手は無い!
ってことで、朝から上野駅まで出向いて激写ですよ。

凄いですよ。
先頭車両が停車した辺りには数百人の撮り鉄達が群がってますよ。

車内の様子

Dsc09821_s Dsc09828_s

Dsc09829_s Dsc09833_s

で、十分にブルートレインを堪能した後、
上野エキ中の「たいめいけん」でオムライスを食う!

Dsc09836_s

それから秋葉原でちょっと物色して、
初の「つくばエキスプレス」!

浅草で降りて、浅草寺でお参りして、天丼食って、水上バスに乗って、お台場に行って、ダイバーシティ東京にてガンダム撮影!

Dsc09839_s

F1010124_s F1010127_s

Dsc09842_s Dsc09848_s Dsc09854_s

Dsc09855_s  Dsc09867_s

まだ旅は終わらない。
帰りに十条に行って、本場の担担麺を食う。水餃子も食う。

F1010128_s F1010129_s

辛い!うまい!超美味い!
山椒が利いてて舌が痺れる!

そして最寄りの駅に帰り、夜の8時、今度は車で毎週末趣味でたむろしているチューニングショップTFHへ向かう。そして何故か朝5時まで、ダラダラ喋りまくって、空が明るくなって帰宅・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

How To ミニチュア動画

ずっと前に、写真をミニチュア化させる方法を紹介したのですが、

今回は動画です。
映像です。

映像をミニチュア化させちゃう方法を紹介いたします。
動画版 Tilt Shift Effect です。
今回は紹介方法も動画ですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=UIt7KOMnypI

http://www.youtube.com/watch?v=GRpHZtqtFqo



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

消えゆく寝台特急

先日、2010年3月12日、寝台特急「北陸」と「能登」がラストランと成りました。

2

去年の1月には、「富士」、「はやぶさ」が消えましたね。

Photo

寝台特急というものには、乗った事のある人にしか解らないドラマがあるんですよ。懐かしくて涙が出てきます。旅行であったり、上京物語であったり・・・、そしてそこに乗客同士の交流が有り・・・。
私は関東の人間なので、上京物語ではありません。北海道や九州への旅行にて3回乗ったことが有るんです。その懐かしさは以前ブログにも書いたことが有ります。(寝台特急「ブルートレイン」

ホント、消えてしまうのが残念です。
こうしてね、写真を撮りたくなるのも解ります。

続きを読む "消えゆく寝台特急"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

寝台特急「ブルートレイン」

10年以上前になるだろうか。
友人の誘いで宮崎にマリンスポーツに行ったことがあった。

お盆のシーズンで、事前に飛行機の予約が出来なかった私は、友人とは現地集合ということで、小倉まで新幹線で行き、そこから特急で宮崎まで行くことにした。三泊三日で遊びまくり、帰りの算段を立てる段階で、一番遅い時間まで遊んでいられる手段として「寝台特急」を選んだのでした。

その時の思い出は何ともいえない。

宮崎から小倉まで特急で向かい、小倉から寝台特急にて東京駅まで帰る。
小倉のうどんは東京のものよりうまかった。さすが西の地はうどんの文化、ダシの文化。確か小倉の地は、原子爆弾が投下されたかもしれない地だった。投下予定の日、たまたま天候が悪く、米軍による観測が困難になることが予想されたため、急きょ別の地が選ばれた。広島の時だったかな、長崎の時だったかな・・・。そんなことを思いながら乗り込んだ記憶が有る。

夕方に乗り込み、次の日の朝には東京に到着している予定。
寝台の私の席の向かいにはお爺さんが一人。四人分有る寝台のエリアには私とそのお爺さんの二人だけだった。

何気なくお爺さんと会話をした。
私が宮崎帰りであることを伝えると、そのお爺さんも宮崎からの帰りだという。お爺さん一人でどんな目的の旅なのだろうと考えていたが次第にその謎は解けていく。彼は宮崎の地で終戦を向かえたのだという。・・・そしてかつて特攻隊員であったことを告げる。終戦の次の日、つまり昭和20年8月16日、彼は沖縄にいるアメリカの軍艦に向けて帰らぬ飛行をする予定だったという。
戦後60年を経て、前年に妻を亡くし、そして思い立って元特攻隊基地のある宮崎に慰霊に来たのだという。そういえばその日の前日は終戦記念日だった。そしてその日はそのお爺さんの命日に成ったかもしれない日だった。
何とも感慨深い話だった。
こういう話を面倒くさがる人もいるかもしれないが、私は人の半生を聞くのが好きで興味深く聞き入ってしまった。

次の朝、食堂車にて朝食の販売が始まった。
私は向かいのお爺さんと共に食堂車へと向かった。
お爺さんは、私に朝食をおごってくれると言う。
見ず知らずの人におごって貰うのも何だか妙な気分だったが「袖擦れ合うも多少の縁」・・・というか、何と言うか私自身も彼に格好付けさせてあげたくなり、気持ちよくおごってもらうことにした。

連絡先を交換する風でもなかったので、その後のお爺さんは知らないが、私の中ではとても清清しい思い出の一つとなっている。

朝の山々が美しかった。
太平洋が美しかった。
いや、「ブルートレイン」という存在そのものが美しかったのかもしれない。

その時のブルートレインの名前は何だっただろうか。
「はやぶさ」か、「富士」か、今となっては判らない。

その九州~東京間のブルートレインが今日、最後の日を迎える。13日夕方発、14日朝着、これが思い出の列車の最後となる。
今この記事を書いている時間も、上りと下り二本の勇姿が最後の力走を見せているのだろう。・・・涙が出てくる。

最後のブルトレにファン殺到/横浜駅
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000004-kana-l14

| | コメント (0) | トラックバック (0)