聖橋

2010年10月 5日 (火)

パトレイバーな風景 東京探訪

パトレイバーな風景

パトレイバーな風景 発見メモ

以前から集めていた、パトレイバーに出てきた東京の風景を、動画にまとめてみました。良い出来だと自負しますよ。

↓今回新たに手に入れた風景

Dsc09473_s Img02_08

02_1_a_s 02_2_a_s

続きを読む "パトレイバーな風景 東京探訪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

How To ミニチュア動画

ずっと前に、写真をミニチュア化させる方法を紹介したのですが、

今回は動画です。
映像です。

映像をミニチュア化させちゃう方法を紹介いたします。
動画版 Tilt Shift Effect です。
今回は紹介方法も動画ですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=UIt7KOMnypI

http://www.youtube.com/watch?v=GRpHZtqtFqo



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

今年もまた御茶ノ水の聖橋

Dsc06691

なぜか幾度と無く足が向いてしまう「聖橋」。
この日も神田駅で降りてブラブラしてたはずが、なぜか聖橋へ。
美しい橋だ。

Dsc06682_mnこの橋も良いのだけれど、その周りの風景もまた良い。中央線と総武線の線路が混じりあり、地下鉄が神田川の上に顔を出し、川の周囲は緑にあふれ、また一部は古い民家の壁・・・。混沌としているようで、そこには一つの調和がある。
そう感じる素晴らしい街だ。
 

続きを読む "今年もまた御茶ノ水の聖橋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ミニチュアエフェクト

Dsc01795_stiltshift_s2

ちょっと面白いのでやってみました。
ミニチュア写真に見えるでしょ?
Tilt Shift Effect です。

これは御茶ノ水駅付近の聖橋から撮った写真を加工したものです。

画像ツールで行うことも出来るのですが、私は以下のサイトを紹介します。手軽なサイトなのでお薦めです。
http://tiltshiftmaker.com/

コツは、望遠画像で鳥瞰図のような構図の写真を加工することです。
また、遠近の複雑な対称はダメですね。

 

この手法は、写真家である本城直季氏が考案したもの。彼はジャバラ式のカメラを使用した写真家で、ピントを合わせるレンズを斜めにしてわざと上下部分のピントをずらし、アナログでミニチュア写真を撮っていた訳ですね。

スモールプラネット
img

当初、これらの写真にビックリしていた世間は、「ジャバラカメラじゃないと撮れない」と感じていましたが、「もしや?」と考えた人も多かったようです。つまり「デジタルエフェクトにてボカシを作ってしまえ」と考えた訳です。
直観力の有る世界中の人がそれに気付いて、そこかしこでミニチュア写真が作られるようになりました。

本城直季氏の専売特許は効力を失った訳ですが、彼はとてもユニークな功績を写真界に残したと思いますよ。

-追記-
いや・・・、
どうやら本城直季氏の専売特許ではないようですね。海外では以前からやっている人がいたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

今夜は十五夜お月様!

Dsc03311_s
F値3.2 露出時間1/5秒 ISO-100
2008年9月14日、18:12:16 御茶ノ水、聖橋付近より

今夜は十五夜です。
中秋の名月」です。

でも今夜は、月のこよみでは14夜目なんですよね。
今夜が十五夜なのは、旧暦(和暦)の何かの兼ね合いらしいです。
こよみのページ「中秋の名月」

東京御茶ノ水の「聖橋」越しの名月です。
美しいです。

以下はその他の写真。
Dsc03302_s Dsc03310_s

Dsc03306_s Dsc03308_s

左は18時くらいの月。(F値4.5 露出時間1/5秒 ISO-100)
右は20時くらいの月。(F値4.5 露出時間1/30秒 ISO-80)
Dsc03312_s Dsc03331_s

Dsc03331_t_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

パトレイバーな風景

今は2008年であるのに今更ですが、私は「機動警察パトレイバー the Movie」が大好きです。
1989年の押井守監督による作品です。

この物語の何がいいって・・・、ほとんど全てですね。
帆場栄一の存在も好きだし、HOS(Hyper Operating System)も良い、そして全てにおいてキャラがいい、ギャグセンスも好き。社会の描き方が凄い。
(「帆場が好き」っていうと社会的に語弊があるかもしれないですけどね・・・犯罪者だし)
最後の最後が、ハリウッド映画みたいな「殴り合い」で終わってるのがちょっと残念な作品です。ロボット同士の戦いですけどね。私としては残念。あのロボット格闘が好きって人も沢山いるようですけどね。

ま、そんなことはどうでも良いんです。

この映画は、風景がまた凄くいいんです。
芸術の域です。
松井刑事達が荒廃する東京を散策する風景です。

そして、そんな風景を探したくて東京の街を四方探し回ったんです。映画を知らなければ何の変哲もない風景とも思われかねない物が多いですが、数々の写真を集めましたのでここで掲示したいと思ったしだいです。

 

続きを読む "パトレイバーな風景"

| | コメント (3) | トラックバック (0)