2016年4月13日 (水)

ハチロクECU「フリーダム」PC接続攻略

知り合いから中古で買ったハチロク、

ECU(エンジン・コンピュータ・ユニット)に、
「フリーダム」が入っている。

それをセッティングする為のPCソフトもある。
しかし、PCとフリーダムを繋ぐ為の”ケーブル”が無い。
無くしてしまったらしい。

フリーダムのケーブルとはどんなものなのか。
今の時代、例えば「USBケーブル」や「LANケーブル」などが使われる時代に、なんと、このフリーダムは、90年代の技術であるシリアルケーブル(RS-232C)が使われている。

しかも、フリーダムに繋げるには、汎用のシリアルケーブルではなく、一端が「10極カプラー」に成っている専用のケーブルが必要なんです。つまり、ケーブルが無いからと言って、電気屋などですぐに買ってくるようなものでもない。

フリーダムを売ってるメーカーからなら、2万円で買うことが出来る。しかし、ケーブル1つに2万円は高すぎる・・・。

ということで、色々調べて、ケーブルを自作することにしました。
ハチロク乗りの友人で、同じようにフリーダムを搭載してる人のケーブルを借りて、通電テスターでケーブルの構造を確認し、自作してみました。
しかし、なかなかうまくいかない。
「10極カプラー」には3本のコードがつながっていて、それだけ加工すれば出来る・・・と思ってたんです。
しかし、それを作っても、フリーダムとPCが繋がらない・・・。通信が出来ない。

ああ、どうしたものか・・・。

で、昨日、
やっとフリーダムのケーブルの謎が解けました。
カプラー側への3本のケーブルを繋げるだけじゃダメだったようです。
4番と6番をUターンさせ、
7番と8番もUターンさせる必要があったみたいです。

以下が正解の図です。

_2
使用したのは、以下のパーツと工具です。
ちなみに、コンタクトは、製品写真では2個写ってますが、買って来るのは1個です。カシメに失敗しても良いように、私は10個くらい買いました。

あと、Uターンさせるために、「細線圧着接続端子」というのを使いました。

 

 

 

あと、
PCでの操作の問題として、
「PC側のソフト、FCSSがフリーズしてしまう」という問題があります。
あらゆるハチロクユーザーの話を聞くと、
どうやら、「USB接続のシリアルポート端子(RS-232C)」がおかしいらしい。

昔のノートPCには、RS-232C端子は標準でついていた。
しかし、最近のPCにはついていない。
なので、USB端子とRS-232C端子を変換するようなパーツを使って、フリーダムと繋げることになる。
しかしそこで、通信エラーが起こって、ソフトがフリーズしてしまう。

この問題について、
ハチロク初心者で、PC玄人な私が取り組みましたよ。

そして、解かりました。

問題は2つありました。
・通信設定
・省エネ設定
この2つです。

シリアルケーブル(RS-232C)の通信設定についてですが、
フリーダムのホームページに、
「RS-232C、9600bps、7ビットデータ、偶数パリティ、1ストップビット、無手順」
http://www.e-freedom.co.jp/TUSIN.HTM
という表記がありました。
その通りに設定したら、安定しました!

Rs232c

 

あと省エネ設定についてですが、
Windowsの「コントロールパネル」の「電源オプション」での設定が重要になります。

Rs232c_usb
電源の設定方法は2つです。
「高パフォーマンス」モードを選択するか、
「バランス」モードで、詳細設定をするか、・・・のどちらかです。
ノートPCをバッテリーモードで使いたい場合は、後者の方が良いでしょうね。

「詳細設定」を行う場合は、上記図のように、設定画面を開き、
「USB」のサスペンド設定を全て「無効」にしてください。

 

この様に、通信設定と省エネ設定をいじれば、安定すると思います。 

ちなみに私が使っている「USB to RS-232C」の変換器は、
「I-O DATA USB-RSAQ6」です。
↓これです。これで安定させました。

 

続きを読む "ハチロクECU「フリーダム」PC接続攻略"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

アルミホイール ツライチ化の計算

ツライチの為の、
「リム幅」と、「オフセット(=INSET)」の関係を、公式化してみました。

 

これが、ツライチの為の公式です。
ツライチ数値」というのは、私が仮に名づけました。(下の図参照)
公式は、

オフセット > (リム幅 × 25.4mm ÷ 2) - ツライチ数値

 ↓

オフセット > (リム幅 × 12.7) - ツライチ数値

こんな感じですね。
この「ツライチ数値」を変更することで、色んな車に当てはめることが出来ます。

Photo_2

 

で、
私の車、ランエボ7(CT9A)で、ノーマルの場合は、
「ツライチ数値」が、フロントは99mmで、リアが79mmです。

フロント
オフセット > (リム幅 × 12.7) - 99mm
リア
オフセット > (リム幅 × 12.7) - 79mm

こんな感じです。
この数値はギリギリなので、もし、車検が心配な場合は、ツライチ数値を、5~10mmくらい小さくすると良いです。例えば、フロントが89mmで、リアが69mmとか。

CT9Aのノーマルの場合、前後の数値が違うんですよね。
約20mmの差が有ります。
その差をなくすために、前後共に10mmずつの加工をすると良いかもしれません。私はやりました。

こんな感じです。

ランエボ7(CT9A)
フロント 10mmスペーサーを入れる。
リア フェンダーを、爪折り&10mm板金伸ばしでオーバーフェンダー化。

※爪折り&板金伸ばしは、プロがやらないと板金が歪みます。注意が必要です。

この仕様で、前後で、同じオフセットのホイールが入ります。
上記仕様の場合、「ツライチ数値」は、89mmです。

オフセット > (リム幅 × 12.7) - 89mm

 

9.5Jの場合
オフセット > 120.65 - 89 = 32

9Jの場合
オフセット > 114.3 - 89 = 26

8.5Jの場合
オフセット > 107.95 - 89 = 19

95j_89mm

 

さて、私は、ホイールを買いたいんですが、
RAYSの「CE28」か「TE37」を買おうと思ってるんですよ。

Ce28 Te37

http://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=CE28N10

http://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=TE37SL

CE28の場合は、
「17インチ、9.5J、オフセット40」で、スペーサーでも入れようか。

TE37の場合は、
「17インチ、9.5J、オフセット35」でいいでしょうか。

タイヤは、255-40-17か、245-40-17を履く予定ですが。
最初は、現在持ってる235-45-17を引っ張って履かせようと思います。

実は今、フロントだけ「リーガマスターEVO」を履いているのですが、割れちゃったんですよ。普通に街乗りしてて、気付かずに、いつの間にか。車検が通らない程に割れちゃいました。
かっこよくて気にってたんですけどね。
それも、ランエボアマチュアレーサーのヒーローだった人から頂いたものなので、大切にしてたのに・・・。ショックです。まぁ「リーガマスターEVO」は割れやすいっていう噂だし、仕方がないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

魅惑の撮影スポット「イタリア街」

Dsc_0497_500_tonemapped_h_s
Nikon D7000
三脚、レリーズ使用
ISO-400
絞り値:f/4
ホワイトバランス:曇り
露出時間:1秒
露出補正:-0.7
焦点距離:26mm(フルサイズ換算39mm)

Dsc_0506_7_8_tonemapped_h_s
Nikon D7000
三脚、レリーズ使用
ISO-400
絞り値:f/3.8
ホワイトバランス:曇り
露出時間:0.62秒
露出補正:-0.7
焦点距離:21mm(フルサイズ換算31mm)

撮影日:6月の土曜日 22:30
天気:晴のち曇り

前回の記事「雨のイタリア街」の時は完全に深夜の撮影でした。深夜だと建物のライトアップが無いのですね。今回は壁のライトアップが美しいです。
こうなってくると、「ライトアップのある雨のイタリア街」での撮影がしたくなっちゃいますね。雨は石畳が濡れててそれが綺麗!

 

注意事項:
10分くらい撮影したのちに、お巡りさんが来て口頭で注意されました。
「近隣住民から通報が有ったんですよ。 --ここは有名な撮影スポットに成っちゃっていて-- --早めに移動してもらえますか。」と丁寧に注意されました。
私達の他にも車の集団が2~3組いたので、たぶんその先客の人達が居た時点で通報が有ったようです。
駐車して何処かへ行ってしまったとかではないので「停車」の扱いにしてくれました。ここは「駐車禁止、停車OK」の場所です。

お巡りさんは自転車で1人で来たので、たぶん最初から「口頭注意」だけを目的に来たのだと思います。
想像するにこれは、ここに撮影に来る人たちのマナーの良さがそうさせているはずです。マナーの悪い人たちが集まってしまうスポットだと、警察の対応もそれなりに厳しくなるはずです。これは先人に感謝です。
そして私たちもマナー良く退散することにしました。

それにしても、近隣住民の通報ってどういう内容だったのでしょうね。
公園内に車を乗り入れちゃってるグループも居たし、撮影の為に来てる人以外にも学生風の酔っ払い集団がワイワイと騒いでたし、その辺の可能性もありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

虹の橋と、港の橋と、エボリューション!

Dsc_0120_1_2_fused_2_h_s

Dsc_0084_5_6_fused_s Dsc_0108_09_10_fused_s

ゴールデンウイーク!
お台場のレインボーブリッジと、
横浜のベイブリッジです。

ある晴れた日の事、
魔法以上の愉快な、HDR撮影!

上の3つ写真は、ノーマルなHDR編集です。
複数の露出設定の違う写真を合成して、明るい部分と暗い部分を同時に表現する手法。

さて、この写真加工をMADに進めていくと、以下のような写真が完成しちゃいます!

続きを読む "虹の橋と、港の橋と、エボリューション!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

オレの車が世界デビュー!

SpeedHuntersという、車趣味人の中では世界的に知られているホームページに、私の車が紹介されちゃいましたよ!

Speedhunter01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

筑波サーキット レース参戦!

ZummyRacingFamily(ズミーレーシングファミリー)のレースに参戦してきました。
筑波サーキットTC2000です。

4か月ぶりレースですよ。

氷点下になりそうな気温の中、路面は冷え冷えの状態。タイヤがあったまりにくい状態で、ちょっと油断するとツルっと行っちゃいます。

予選は10台中3位。
レース3周目の1コーナーで、前の車にオカマ掘りそうになり、急ブレーキをしたら瞬間的にスピン!いやぁ悔しい。順調にいけば表彰台に登れたのに。

8位まで順位を落としてしまいました。

でも、そこからの怒涛の追い上げで、4台を抜いて4位でフィニッシュ!
いやぁ面白かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

サーキットはやっぱり楽しい!

シーズン真っただ中です。

やっぱり冬はサーキットです!
みんなのテンションが上がってます!

今回10カ月ぶりにタイム更新です。
大幅0.3秒短縮!
1分04秒519

嗚呼しかし、レースがしたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

FT-86の正式名称「86(ハチロク)」

あの名車、「トレノ」「レビン」(AE86:通称「ハチロク」)の魂を復活させようとトヨタとスバルが共同で開発してきた車、「開発コード:FT-86」の、トヨタ版の正式名称が「86(ハチロク)」に決定したらしい。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/111128/bsa1111280500000-n1.htm

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/11/11/nt11_1106.html

 

しかし・・・、名前が「ハチロク」って。
こりゃ、ユーザーの間では今後ずっと「FTハチロク」って言われ続けるような気がしますよ。

だって、「AE86」が今までずっと「ハチロク」って言われ続けてきて、それと分けて言わないといけないですからね。開発コードがそのまま愛称になる気がしますよ。

スバル版の車名は「スバルBRZ」と発表されて、まぁ問題も無かった訳ですが・・・。こちらはどの様な愛称で呼ばれるのでしょう。スバリストがどの様に呼ぶ事に成るか。まぁ普通に「BRZ」でしょうか。

 

続きを読む "FT-86の正式名称「86(ハチロク)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

サーキットの季節2011

秋です!

夏が終わり、暑い季節が去り、熱い季節が始まります!

サーキットのシーズンです。

今年もその季節がやってまいりました。

10月9日、まだまだ暑い日でした。
天気予報によると25℃くらいだったでしょうか。
もっと、10℃を切る季節になって、エンジンに優しい季節に早く成って欲しい!

サーキット趣味のみなさん!
一緒に走りませんか?
私が参加しているのはGTCCという草レースです。
筑波サーキット「TC2000」で年に数回開催されています。

「レースは敷居が高い!」
「GTCCは敷居が高い!」
・・・と言われていますが、
私の様なグダグダな走りの人だって参加してるんです。
安心して敷居を跨いでくださいよ~!

得にターボ車の人!
ターボは今の時代、参加人数が少ないので、ある意味チャンスです。走りやすい!NAは25台くらいでレースなのに、ターボクラスは10台ですよ。普通のタイムアタック走行会よりも走りやすい。ずっとみんなで周回なので、何も邪魔が無い状態でずっと走れる!

ご相談は、↓こちらまで。

http://www.gtcc.jp/info001.html
http://tf-hirano.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

カーグラフィックTV

なつやすみ、こんな映像を作ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)