写真

2016年11月 7日 (月)

神宮外苑からのダイヤモンド富士 2016-11-05

Dsc_1120_s

 

11月5日、私は明治神宮外苑にいました。

国立競技場が無い、今だけの時期に見ることが出来る、神宮外苑からの富士山の姿。そしてこの日、太陽が富士山山頂に沈む「ダイヤモンド富士」の日だった。

現地には、同じ趣向のカメラマンが100人くらい集まっていた。
その地で出会った、見知らぬ仲間たちと、談笑を交えつつ、日の入の時間を待つ。
私のとなりには、新聞社のカメラマンが構えていた。
やっぱり、同じ趣味の人たちとは、共通の話題で花が咲きますね。

そして、16時28分、富士山に太陽がかかり始める。

太陽が富士山に沈み切るその瞬間、輝くような太陽の光を見ることが出来る。
残念ながらカメラではその美しい輝きは捉えることが出来ない。
これは、人の「眼球の構造」と、光量に対する「反射」の関係だと思われる。

その時、その場にいた人たちから歓声が沸く。
カメラマンたちだけではなく、たまたまそこにいた人たちも。

Dsc_1160_s

こういう瞬間がたまらないですね。
感動をみんなで共有する!
素晴らしい!

 

この場所からのダイヤモンド富士は、いつまで見られるのだろうか。
まだ計算してないけど、次のチャンスは、来年の2月頃だろう。
いや、その前に、パール富士にもチャレンジしてみたい。
嗚呼、国立競技場はいつ建ってしまうのだろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

日光の紅葉 竜頭の滝 2016-10-22

Dsc_0914_s

日光の秋は早い。
紅葉シーズンは、早い年には10月の上旬から始まります。

これは、22日の写真です。

今年は、竜頭の滝の紅葉は遅かったですね。
早い年では、10日前後にもう紅葉の真っ盛りに成るのですが、
今年は、14日でまだ以下の感じでした。

Dsc_0832_s

22日と比べてぜんぜん違いますね。

これらを撮影したのは、
朝の5:30前後です。
日が昇らないうちの、トワイライトな時間帯です。

紅葉の撮影は、
葉が瑞々しい、午前中の撮影がお勧め。
そして、竜頭の滝は、太陽の光が滝に届かない早朝か、曇りの日に撮影するのがお勧めです。

やっぱり、竜頭の滝はカッコイイですね。
天然の日本庭園って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

イベントは続く、神宮外苑からの富士

先日、神宮外苑からの「ダイヤモンド富士」が話題になったわけだけど、

実はこの場所からの富士山のイベントは、まだまだこれから続く。

ニュースなどでも、「ダイヤモンド富士は秋にもある」などと言われているが、

それはそれでいいのだけど、

私が注目するのは、「パール富士」です。

ダイヤモンド富士は、富士山と太陽の共演だけど、

パール富士は、富士山と月の共演です。

 

05/22 04:39 パール富士

07/21 05:31 パール富士

11/06 16:30 ダイヤモンド富士

 

いやあ、楽しみです。
果たしてその日は晴れるのか。
そして、どんな写真が撮れるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

パール富士 富士宮より 2016/02/21

Dsc_0480_t_s
パール富士
2016/02/21 17:32 快晴
機材:Nikon D750、タムロン 150-600
設定:ISO-800、F16、1/100、ホワイト曇り、600mm、補正無し、ノイズ対策OFF
場所:https://goo.gl/maps/ZQPrYdFxchL2 (GoogleMap)
編集:PC上で、トリミング&縮小

凄いですね。
今回は、天候がベスト過ぎて怖いです。
天候が味方をしてくれましたから、これはもう、腕の見せ所ですよ。撮影技術の勝負!

日曜日ということもあり、撮影スポットには約50名くらいの見知らぬ同好の友たちが集まっていました。
天体望遠鏡で撮影するもの、ミラーレスと細い三脚で撮影するもの、色々居いましたが、みなさんどういう写真を撮ったのでしょうね。

撮影後、近くにいた人たちと談笑しながら、撮影のプレビューを液晶画面で確認し合い、片付けをし、そして三々五々、それぞれ家路についていく・・・。またいつかどこかで出会うことはあるのだろうか。
撮影現場で出会った見知らぬ同志たちは、その後二度と出会うことは無いだろう。再会することは今まで一度も無かった。しかし彼らは、私の記憶の中に一生刻み込まれるだろう。これぞ一期一会の想い・・・。

Dsc_0486_s_2 Dsc_0535_s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

神宮外苑にてダイヤモンド富士 2月5日(残念)

結果から言いますと、

ダメでした・・・。

曇ってダメでした。

Sdsc_0413
見えますか?(クリックすると拡大します)
富士山のシルエットだけは見えます。

つまり、富士山の向こう側の雲が厚いのでしょう。

この写真は、16:59分です。
本来なら、↓こんな感じで見られるはずの時間です。
(クリックして拡大してください)

2km

こんな感じで、富士山のシルエットは見えていたんですけどね。

2km_

まぁ、今回は残念でしたが、
こういう失敗が多いから、
こういう撮影チャレンジは、成功したときが凄くうれしい!

神宮外苑からの富士山は、
旧国立競技場が取り壊され、新国立競技場が建つまでの、期間限定の撮影ポイントです。
チャンスは今年いっぱいでしょう。
ダイヤモンド富士に関しては、11月上旬がたぶん最後のチャンス。
参考情報マップ

そして、私にはまだ違った計画がある。
「神宮外苑パール富士計画」です。
たぶん、私の調べたところによると、今年2回のチャンスがある。
ダイヤモンド富士ほどには、人は来ないでしょう。
時間が早朝だし、パール富士は知名度が低いし。

今回の「方角」や「画角」の経験を生かして、ぜひ成功させたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

城メモ

山の上にある城のメモです。
これらの城とともに満月や三日月を撮影したい。

 

越前大野城

https://goo.gl/maps/FSUNCaDwraQ2

 

郡上八幡城

https://goo.gl/maps/VVTbsFQWgbG2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

「ポラリエ」のセットが揃ったぜ

予約してた「微動雲台」が来ました!
そして、それに合わせて「ハードケース」を買っちゃいました!

さぁこれで、星空をバシバシ撮影しますよ。

最近計画してるのは・・・、愛車と天の川のコラボ写真が撮りたい!

Dsc_5583_s Dsc_5579_s

本当は、雲台の上に雲台を付けるのは、剛性的によくないんだけど、ジッツオの雲台は剛性抜群なのでいいかって思ってます。

下の黒い雲台が「ジッツオ」の水平調整付きの自由雲台。
そして、赤い雲台が「テレスコ工作工房」の微動雲台。
白いのがポラリエで、
ポラリエについている棒状のが「テレスコ工作工房」の雲台ベース。

テレスコ工作工房
http://telesco-factory.ocnk.net/product-list/10

ちなみに、ジッツオの三脚は、このために揃えた訳ではありません。以前から持ってました。

 

Dsc_5597_s Dsc_5609_s

そして持ち運びの収納です。
ヴァンガードのハードケースを買っちゃいました。カッコいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

ポラリエの収納手段

ポータブル赤道儀「ポラリエ」周りのパーツを入れるためのバッグか何かが欲しい。

カメラや三脚は、専用のバッグが有るので良いのですが、
ポラリエやその周辺パーツが増えてきて、
それを運ぶためのものが欲しい。

山登りなどをする場合は、今持ってるリュックタイプのカメラバッグでいいけれど、

車移動だけの場合、ちょっと良い感じのアルミケースとか欲しい。

 

ヴァンガードのにしようか。
アイリスオーヤマの安いケースにしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

ディズニーランドはやはり外から撮影するに限る

Dsc_5040_h01_s
2015-08-01 新木場方面より

綺麗だ~。
本当は、シンデレラ城と月が重なる様な瞬間を撮りたかったのですが、
地平線沿いは雲が出ていて、撮れませんでした。
この高さに月が昇ってきて、やっと撮影できました。
まぁ綺麗だからOK!

 

Dsc_4344_l01_s
2015-07-12 若洲公園南端より

こちらは、ディズニーシーのプロメテウス山ですね。
これは快晴に近い天気なのですが、やはり地平線沿いに靄が有り、月の光量が足りないので、ノイズだらけな写真になってしまいました。感度が高い為、ゴーストも発生しちゃってますね。
まぁでも、良いです!カッコイイ!
今度は満月とかで撮りたいです。

 

以上、この夏撮った、ブログ報告を忘れた写真でした!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

仲秋の名月撮影計画2015

またこの時期がやって参りました。

「十五夜お月様」
「中秋の名月」

・・・の季節です。

 

「仲秋」とは、「秋のど真ん中」という意味が有る。

旧暦に置いて、「秋」は7月~9月の事を言う。

こよみの「立秋」付近の新月の日が、旧暦の7月1日となる。
「立秋」は、気候的には、一年のうちでいちばん暑い時期である。
これは、現代のカレンダーでも、旧暦でも同じことだ。

そして、「秋」という季節は、「立冬」の前日まで続く。
「立冬」は、季節的には、一番過ごしやすい「暑くも無く寒くもない」という時期に訪れる。

じつは、本来の「秋」というのは、
「1年で一番暑い日」から、「年間平均気温の時期」まで・・。
の事を言う。

つまり、その季節が、旧暦の7月~9月である、
現在のカレンダーで言うところの、8月上旬あたりから、11月の上旬あたりまで・・・となる。

「中秋」とは、そのど真ん中の日のことを言う。
つまり、旧暦でいう所の「8月15日」の事を言う。
つまり、8月の「十五夜」が仲秋となり、
その季節の満月が綺麗な事から、月に対してお供え物をしたりして、
「中秋の名月」を愛でるようになる。

 

この文化は、中国から伝わり、日本でも愛されるようになり、今に至る。

 

今年はですね。

「高崎観音と月」というのを計画してます。
まぁただ、天気とか、個人的公的な自分の予定などで、色々と計画は狂うのですけどね。

さて、どうなることやら。

さて、この月を、
私は毎年、色んなものとのコラボ写真で愛でることを目指している。

聖橋と月・・・とか、
スカイツリーと月・・・とか。

さて、今年はどんな計画を立てようか。
今年の「中秋の名月」は、2015年9月27日です。
平日ですが、撮影に行きますよ。

さて、計画です。

続きを読む "仲秋の名月撮影計画2015"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧