« ニュースのコメント欄に思うこと。 | トップページ | 世界がため息をついた「英国EU離脱」の話 »

2016年5月31日 (火)

西洋人は日本の「子供の掃除当番」を「虐待だ」と叫ぶ

テレ朝で毎週放送している「スゴ~イデスネ!!視察団」を見て思った。

この番組では、過去に、
・日本の小学校(教育)
・日本の幼稚園、保育園
について放送した。

そこで、視察に来た西洋人の専門家(教師や保育士)が言う。
「子供に掃除をさせるなんてあり得ない」
「これは虐待だ」

私はこれを聞いて、かなりショックを覚えた。
私も子供のころに学校で掃除をしたが、
これを「虐待」と思ったことは無い。
そして、今の時代の学校での掃除も、決して「虐待」だとは思わない。

掃除は、子供のころは、決して自ら進んで行うようなことではないだろう。しかし学校で「掃除の時間です」と言われて、「絶対にやりたくない」と思ったことはない。むしろ「勉強の息抜き」として「楽しい時間」の一つだったように感じる。トイレ掃除ですらワイワイ騒ぎながらけっこう楽しかった。

そして、そんな中で
「社会生活において掃除は大事なこと」
「掃除は汚した本人達が自分で行うべき事」
と理解した。

 

これは、自分の中での「1つの財産」だ・・・と感じたのは、中国などの民度の低い社会を知った時だった。そして中国人たちが、日本の掃除文化に驚き称賛する昨今においてだった。

西洋人は、これを「悪い制度」と認識する。

私が思うに、
これは、宗教観の違いなのでは・・・と。

日本の学校での「掃除」の制度は、
インドや中国よりも東の文化圏からは、「素晴らしい」と言われる。
そして、ヨーロッパ文化圏からは「絶対に有り得ない、虐待だ」と言われる。

たぶん、キリスト教などの文化圏において、「掃除」というのは「罰」なのではないだろうか。
そして、仏教や、ヒンズー教において、「掃除」は、「徳を積む」「修行」という意味合いが強い。

この違いが、もしかしたら、この評価の差を生んでいるのではないだろうか。

 

私は思います。
「掃除は文明人にとっての義務」
・・・と。

国民の義務は、「納税、教育、労働」の3つだけど、
それ以前に、
文明人の義務の1つとして、「掃除」が有るはずだ。

これを、学校の中で教えることは正しいはずだ。
これを、「罰」として考えるのは、西洋人の、文明人としての「間違った部分」なのではないか、と私は考えます。

 

最近、「羽田空港が清潔世界一」ということで話題となっている。イギリスの調査機関による発表「ワールド・エアポート・アワード」の「清潔部門」で1位らしい。

そして、羽田空港は、「清潔」だけではなく、「清掃員の気さくさ」「気軽に話しかけられる」なども、外国人から好評を得ているらしい。私が勝手に想像するに、これはまず基本として「日本人特有のサービス精神」もあるかと思いますが、それにプラスして「掃除=徳という文化」も、大きいはずだと思うんです。

 

どうでしょうね。
まず、絶対に主張したいのは、「欧米人が日本の掃除文化を批判することは間違っている」ということ。そして、我々日本人は、「掃除=罰という欧米文化」についても批判はしない。
そして、私は日本の方が文化的に好きだ。

|

« ニュースのコメント欄に思うこと。 | トップページ | 世界がため息をついた「英国EU離脱」の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/63709137

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋人は日本の「子供の掃除当番」を「虐待だ」と叫ぶ:

« ニュースのコメント欄に思うこと。 | トップページ | 世界がため息をついた「英国EU離脱」の話 »