« 「天の川」天体撮影! | トップページ | このダンスと曲が妙に気になる »

2015年8月25日 (火)

AVのモザイクを除去できる時代がくる?「スパースモデリング」

むかし「モザイク除去装置」という怪しいものが、
雑誌の通販とかで売られていたが、

モザイクのメカニズムから言って、
「モザイク除去」が可能なわけがない。

つまり、これは、インチキ商法だったわけだ。

しかし、人類の英知は凄い。
時代は変わった。

「スパースモデリング」という手法を用いることで、
AVのモザイクが除去出来てしまうかもしれないのだ。

M2

 

いや、「除去」と言うより「再構築」「再現」「展開」などの言葉の方が合っているのだろうか。

 

とりあえずAVの話は置いといて、
「スパースモデリング」の説明を。

今週ですね、NHKの「サイエンスZERO」でやってたんですよ。
言うなれば、
「少ないデータを元に、本来の情報を得る」
そんな技術が発達した・・・という話です。

例えば、
医療における「MRI」撮影の話です。
通常、MRIで頭部を撮影する場合、撮影時間は9分ほどかかるそうです。
これは、精密に撮影するために必要な時間だそうです。
しかし、撮影密度を薄くして、高速で撮影し、2分40秒で撮影を終わらせて、まばらなデータ取りで終わらせても、正確な画像を作り出す手法が生み出されたそうです。
それこそが「スパースモデリング」を取り入れた手法です。

以下の様子は、
脳内の血管をMRIで調べる様子を実験したものです。

Photo_2

↑この図の、左側が通常の9分撮影の画像。
そして、右側が、2分40秒撮影で、そしてスパースモデリングによって処理をした画像。

Photo

本来、2分40秒の撮影だと、↑この左側の画像の様に、ノイズが発生してしまい、細かい血管の様子が解らないので、医療では使えないらしい。
しかし、その画像を元に、スパースモデリングによる処理を行うと、まるで9分撮影の画像と同じように、医療に使えるレベルの鮮明さとなる。

 

 

スパースモデリングは、
ブラックホールの解析にも使われているようです。
ブラックホールというのは、理論上は存在が認められ、存在も確認されています。しかし、その詳しい形などの観測は、いまだ成されていません。

これは、人類の観測技術がいまだに低いから・・・とも言えるのですが、しかし、それを観測しようとすると、地球規模の大きさの電波望遠鏡が必要になるらしい。

科学者たちは、今まで、その解決策として、
「世界中の電波望遠鏡を同時に使う」という手法で、補おうとしてきた。

Amarec20150826021201_s Amarec20150826021231_s

Amarec20150826021238_s Photo_3

しかし、それによって得られるデータは、上記左下の図の様になり、それを解析して得られた想像図は、今までは上記右下の図の様な感じでした。

しかし、ここで「スパースモデリング」の手法を取り入れると、
以下の図の様に、形状が正確に現れる。

_

 

「スパースモデリング」というのは、1つの数式で表わされます。
一見難しそうなのですが、
これは、簡単な関数の様に「Yに値を入れればXの答えが解る」・・・というものではなく、
シグマ(Σ)など、数列的な内容が含まれているので、「何通りもの計算を繰り替えす」みたいな、いわば、コンピュータプログラミングの設計図・・・みたいな数式です。

Photo_4 Photo_5

私が思うに、これは、コンピュータ技術が発達したことにより、可能となった、数学の神秘なのではないでしょうか。

 

ここまでいくと、解りますよね。
少ないデータで、正しい元の情報を得る。
つまり、少ないデータとは、モザイク状になった映像データで、
元の情報とは、モザイクなしの映像の事ですよ。
AVの映像を無修正な状態に戻してしまうことも、理論上不可能ではない・・・・ということです。

上記ブラックホールの場合は、情報が少なすぎるがゆえにボケた映像に成っていますが、
AVのモザイク映像は、ドット情報が大量に有ります。それに、1コマの映像だけではなく、映像には前後があり、その整合性などを考慮すると、これは凄いことになります。

まだまだ、今のコンピュータの速度では、映像1コマの処理に多大な時間がかかり、1つのシーンを全てモザイク除去するには、凄まじい時間が必要かもしれない。しかし、例えば、スーパーコンピュータ「京」や「地球シミュレーター」などを使えば、一瞬でエンコード出来てしまうかもしれない。

もしこのレベルのコンピュータが、家庭用レベルになった場合、男どものエロ世界は変わるかもしれない。ていうか、もしかしたら、日本のエロ規制の法令や施行などが変わってしまうかもしれない。

凄いことだと思いませんか?
エロ目的だけじゃなくても、
色々と世界は広がりますよ。

例えば、「事件を追う警察が、不鮮明な防犯カメラの映像を、鮮明化する」みたいなドラマの1シーンとか有りますよね。
これって、従来は、SF的な技術であり、「鮮明化」なんて不可能に近かったんです。
例えば、映像は不鮮明でも「車のナンバーなどを解析して知る」みたいな技術は有ったんですけどね。映像全体を鮮明にすることは不可能に近かった。

しかし、この技術「スパースモデリング」を使えば、それも可能になる。

面白い世の中になってきましたよ。

 

まぁ、私は、
MRIとか、ブラックホールとか、モザイク除去とか、防犯カメラとか、
今はどうでもいい。いや興味は有るけど、今は良い。

私が気になるのは、
カメラ技術ですよ。
一眼レフカメラの制御です。
一眼レフの画像処理チップに「スパースモデリング」の技術が使われたら・・・と思うんです。デジタルの時代になって、「高感度ノイズ」「長秒ノイズ」「モアレ」などの問題が発生した。その対策に、スパースモデリングが使えないかと。また、トリミングした際の低解像度化を防ぐ為に解像度を保つような処理がスパースモデリングで行えないか。そんな事を考えてしまうんです。
 

 

|

« 「天の川」天体撮影! | トップページ | このダンスと曲が妙に気になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/62152293

この記事へのトラックバック一覧です: AVのモザイクを除去できる時代がくる?「スパースモデリング」:

« 「天の川」天体撮影! | トップページ | このダンスと曲が妙に気になる »