« エヴァンゲリオンの世界ってもしかして太陰暦? | トップページ | 三日月とディズニーシー「パール・プロメテウス」 »

2015年7月13日 (月)

アジアの文化

我々はこれまで、

西洋の文化を尊重し、
アジアの文化とそぐわない西洋文化の部分について、
目をつぶってきた。

我々はこれまで、
四獣の一つである「朱雀」、
あるいは、伝説の鳥「鳳凰」、
これらに通ずることを彷彿とさせる、”七面鳥”への、
西洋での残虐な行為を黙認してきた。

クリスマスで、丸焼きにして、食するという、残虐な行為を。

欧米人は、
これまで、七面鳥に対して、
残虐な行為を、毎年クリスマスにて行ってきた。
宗教の名のもとに、正当化して!

しかし、それを、我々アジア人は、
「西洋の文化」として尊重してきた。
我慢してきたのだ!

「西洋の文化」を尊重して!

「西洋人」たちを尊重して!

 

 

しかし、昨今、
欧米の輩は、
アジアの文化への尊重が著しく欠落している。

日本での、イルカ文化を冒涜し、
中国での、犬食文化を冒涜する。

 

 

異文化として、例え理解できない部分が有ったとしても、
欧米文化で育った欧米人たちは、アジアのこの文化を尊重するべきだ。

しかし、尊重する気配がない。
欧米人たちは、「自分たちだけが正義だ」と信じて止まないようだ。

 

アジアはこれを機に、
欧米に対して、文化的な反逆をするべきである。
アジア人は、自分達の価値観にて、欧米の鬼畜文化を攻撃するべきである!

鬼畜欧米!

我らの文化を尊重しろ!
尊重しなければ、我らはお前たちの文化を否定する!

 

鳳凰を守れ!
朱雀を守れ!
七面鳥を守れ!

欧米人は、アジアにおける神の鳥を食す、鬼畜な存在である!
恥をしれ!欧米人よ。
そして、アジア人よ!文化を守れ!

 

|

« エヴァンゲリオンの世界ってもしかして太陰暦? | トップページ | 三日月とディズニーシー「パール・プロメテウス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/61784070

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの文化:

« エヴァンゲリオンの世界ってもしかして太陰暦? | トップページ | 三日月とディズニーシー「パール・プロメテウス」 »