« 歴史の真実は? | トップページ | パール富士 2015/06/02 山中湖 »

2015年5月25日 (月)

今週の「アニメ ベイビーステップ」は変な演出だった

今週の、アニメ「ベイビーステップ2 第8話」は、
栄一郎の動きの演出があざとすぎて、うざかった・・・。

何がかと言うと、例えば、

・相手のサーブを待つ時に体を揺らしている演出
・相手のサーブを待つ時の構え方
・相手のサーブを待つ時にラケットをクルクル回す演出
・ポイントが入った後のラケットさばき

これら、全体的に、錦織圭の試合中の癖をマネしてるかのような演出。
絶対アニメスタッフは錦織圭を見て、動きをコピーしてますよ。

そして、それが凄くウザい。
良い感じに動きをトレースしてるなら、気にならないのだけど、
あの不自然な動きの演出はダメでしょう。

当然原作(漫画版)にはそういう細かい描写は無く、

つまり、アニメ演出スタッフのアドリブのはず。

動きがあざとすぎて、
わざとらしくて、
不自然で、
気になって物語に集中できなかった。

錦織圭は、ああいう動きというのは、「無くて七癖」の世界であり、そういう動きは人ぞれぞれ違う。見た目の動きに癖の出にくい人だっている。
そもそも、栄一郎は、今までそんな癖は無かった。そういう演出は無かった。

なのに、急に錦織圭の動きをそのままコピーしたかのようなアニメ演出・・・。
もう見てて違和感だらけでしたよ。

多分、これを演出した人は、
長台詞の最中に絵が動かない事への恐怖を感じたのでしょう。
「ずっと静止画やパーンだけの映像では演出として怖い」と。
それを理由に、違和感いっぱいの押しつけがましい「リアルでしょ」な演出を入れてしまった。
まるで、
無音演出を怖がる西洋人演出家のような、
余白を怖がる西洋人絵描きのような、
・・・つまり、日本人らしからぬ、焦りの演出。

変なことするくらいなら、冒険しないでほしい。

ベイビーステップ 第二期 第八話
絵コンテ・演出「むらた雅彦」
この名をよく覚えておこう。鬼門の可能性がある。

ていうか、この人、シリーズを通して監督も行ってるらしい。
演出において、変に他の人と差別化を図ろうとでもしたのだろうか。
差別化図って、違和感気にせず・・・。残念だ。

 

あと、
最後の、次回予告。
練習試合の最終スコア出すなよ~・・・。
練習試合とは言え、試合結果を予告でネタバレって・・・。

 

 

|

« 歴史の真実は? | トップページ | パール富士 2015/06/02 山中湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/61643218

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の「アニメ ベイビーステップ」は変な演出だった:

« 歴史の真実は? | トップページ | パール富士 2015/06/02 山中湖 »