« 「日本国時代」 | トップページ | 「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ」の娘! »

2015年3月 8日 (日)

「平昌冬季オリンピック」の日韓共催論について

「平昌五輪」の日韓共催論、

韓国では、共催を望む人が多く、
日本では、韓国人からの色々な被害を想定して、それを望まない人が多い。

韓国人の共催論者の思考は、、
「無理だ、失敗する・・・。
失敗するくらいなら隣国に頼って、世界に対しての失敗のイメージを和らげよう」
というモノだと思う。

で、日本人の思考は、
「2002年のW杯の苦い記憶がよみがえる」と言ったところだろう。
また、
韓国人の一部は、
「平昌五輪を共同開催して、東京五輪も共催・・・」とか、
そんな論を発する人もいる。
それに対して、日本人の多くは、
「ふざけるな!」
といった感情が芽生えるだろう。
「困ってる平昌五輪は日本に助けてもらって、
日本の余力十分な東京五輪は、その成功を分け与えろ・・・みたいに言うな!」
・・・と。
過去の経験から、日本は、韓国に対して、そういう懸念が払拭できない。

IOCのお偉いさんは、大会の失敗だけを懸念して、共催を提案したのだろうけれど、
多くの国は、韓国のしたたかさを理解してはいない。
それを一番理解しているのは日本であり、世界はその負の部分について、認識が甘い。

例えば日本人を含むアジア人は、
「西洋人はみんな似たようなもの」
「英国人、仏国人、独国人、全て似たような存在」と認識しやすい。
それと同じように、
西洋人は、
「東アジア人はみんな同じ」
「日本人、中国人、韓国人、みんな同じような存在」
「共同開催なんて簡単だ」
と考えているに違いない。

 

 

まぁ、
そんなことを理解しつつ、

私は、

平昌五輪に関して、
日韓共同開催は、やっても良いのではないか・・・と思う。
そして、当然「東京五輪」は、東京だけで行う。
韓国に良い様にはさせない。

韓国が、どの様に平昌五輪を失敗しようと、それは日本人としては知った事ではないのだが、

それでも共同開催は、
もし、それを韓国が望むなら、
日本は、それを全力でサポートするのが良いと思う。

 

なぜなら!

 

これによって、
「韓国の不甲斐なさ」と、「日本の実行力の素晴らしさ」の差、
「韓国人の嫌味な部分」と、「日本人のもてなしの心」の差、
これらを、世界にアピールすることが出来るからだ!

これは、韓国のイメージを落とし、日本のイメージアップを望む、絶好の機会だからだ!
そして、韓国人に対しても、「国力の差」、「国民力の差」、「実行力の差」を見せつけてやる良い機会だ。

また、当然のことだが、日本は韓国に対して「貸し」を作ることにもなる。
まぁ韓国から何かを返してもらう事には成らないだろうが、この「貸し」は精神的な武器になる。

共催することで、
韓国は経済的に楽に成るが、
韓国人はこれによって自信を失うことになる。

日本は、共催することによって、経済的にも、精神的にも、辛い経験をすることになるだろう。しかしこれによって、世界にあらゆるものを示すことが出来る。世界に向けた日本の価値観の向上。

 

諸々の理由で、
韓国が行動開催を申し出た時点で、
日本は、快くそれを受け入れたやるべきだ!
私はそう考えます。

 

|

« 「日本国時代」 | トップページ | 「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ」の娘! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/61248142

この記事へのトラックバック一覧です: 「平昌冬季オリンピック」の日韓共催論について:

« 「日本国時代」 | トップページ | 「エンジニアなんだからFAXも直せるでしょ」の娘! »