« 奥日光2014秋 | トップページ | 朝ドラ「マッサン」面白いですね。 »

2014年10月27日 (月)

炭水化物ぬきダイエット

私は現在、ダイエットをしている。

楽ちんすぎて、笑いが止まらない!!
そして健康的!

 

8月後半からの2ヶ月で、
そろそろ体重が10kg減りましたよ。

お盆のころに84kgだったのが、
いまでは、75kgです。

 

何も努力してない。
食いまくって、そして、運動もしない。
行っているのは、食べるものの種類の限定だけ。

「米」、「麦」、「砂糖」

この3種類を食べない様にしてるだけ。
いわゆる「炭水化物」「糖質」を抜いている。
あ、あと、一応、「ジャガイモ」と「カボチャ」も抜いている。この2つは炭水化物成分が多いらしいので、個人的に野菜とは認めない。

でも、料理に付いてくる炭水化物、
例えば、天ぷら、唐揚げなどの「衣」や、麻婆豆腐などにとろみを付ける「片栗粉」、「コーンスターチ」などは、普通に食べている。

肉や油は食いまくる!
サラダにはドレッシングをかけまっくる!

↑この辺の本を片っ端から参考にしました。

例えば先週末は、
おでん、
特大ハンバーグ、
焼肉、
サラダ大盛り(ドレッシングたっぷり)、
ソーセージたっぷりのポトフ、
刺身、
ギョウザ、
唐揚げ、
・・・などを食っていた。
そして、ご飯やパンは食べない。

 

これはですね。
凄く楽ちんなダイエット法なんですよ。

「一切、炭水化物を取らない」ってのは、生きていくうえで危険だとは思うのだけど、

でも、やってみたら、各料理に入っている「衣」や「コーンスターチ」などの炭水化物の成分だけで、必須な量を満たしている様で、生活におけるエネルギー量的に何も問題がないみたい。

普段は、ご飯を食っていた分、エネルギー量的に無駄になり、それが脂肪に成っていたのかもしれない。

一番残念なのは「ラーメンをやめた事」だけど、
これも「残念」なだけで「つらい」訳ではない。

つらい・・・といえば、
生活がしずらい。

世にある外食を見渡してみると、
全て「炭水化物」の塊りであり、
食べるものが限られてくる。
例えば、コンビニでは、今までは弁当やおにぎりを買っていたけれど、今は、チキン系の揚げ物やサラダを買って腹を満たしている。

ダイエットを始めてから、一気に増えたのがコーヒーの量です。
それも、「うまいコーヒー」です。
顆粒のインスタントではなく、
ドリップしたコーヒー。

いやぁ、美味い!とくに最近はまってるのは、セブンイレブンのコーヒーです。
あれは良いですね~。うまい!

 

 

 

「太っている」というのは、
「体に脂肪が付いている」ということだ。
では、その脂肪は、どのようにしたら消えるのか。

脂肪と言うのは、
エネルギーの貯蔵庫です。
体の中のガソリンタンクの様な物。

血液中のエネルギー量が不足した時、
体は「空腹感」を感じるようになる。
そして、その時に食事をして糖質を取り込むことで、
血液中のエネルギー量が復活する。

この時に、そのエネルギーが余った場合どうなるのか。
それが、脂肪です。
エネルギーが脂肪と成って、体に溜まるわけです。

さて、
「空腹」の時に、食事を取らなかったらどうなるのか。
その場合、脂肪を分解して、エネルギーとする。
でも、この時、「空腹感」は消えない。

つまり、「痩せる」=「空腹感との戦い」だったわけだ。

ところで、
「痩せる」=「運動する」
というのも有るけど、
実は、体の中で一番エネルギーを消費しているのは、「筋肉」ではなく、「脳」なんですよ。
バカも、天才も、みんな同程度に脳はエネルギーを消費する。

普通の生活をしている場合、
エネルギーの大半は脳が消費しているといっても良い。

つまりですね、普通に生活していれば、
人は十分にエネルギーを消費してくれるわけで、
つまり、エネルギー摂取の量を調整すれば、自然と痩せられる訳です。

 

ただ、問題なのは、「空腹感」です。

で、
それを解決してしまうのが、「肉」や「脂」を食べてしまう・・・という暴挙です。

昔は、「ダイエットにはカロリー制限が必要だ」という考え方が主流だった。
でも今は、「カロリーは取ってもいい。制限すべきは糖質」と成りつつある。

知ってますか?
焼酎やウイスキーって、高カロリーだけど、太らない・・・って。
酒のカロリーってのは殆どがアルコール成分なんです。
ビールや日本酒などの場合は、穀物などの糖質も有るけど、
蒸留酒である焼酎やウイスキーのカロリーは、もうアルコールだけと言っていい。
アルコールは脂肪には成らない。
つまり、酒は「高カロリー」だけど「低糖質」であると。

たまに「ビール腹」と言う人が居るけれど、
あれは、ビールを飲みながら、飯を食いまくる人の生活の成れの果てであり、犯人はビールではない。まぁただ、ビールは食欲増進の効果があるようなので、飯がうまくなるってのも有るかもしれませんけどね。

まぁ、なんにしてもビールだけで太ることは無い。

そういえば、
穀物接種の量を減らすと、長寿遺伝子が活発化して、長生きするという研究結果があるらしい。長生きするだけじゃなくて、年をとっても若々しい肌艶とか。
量としては、なんと、日本で昔から言われる「腹八分目」が良いらしい。

知っていますか?
世界は、140億人分の穀物を作っている。
そして、それを消費しているのは生活の豊かな20億人であるということ。
世界の人口を70億人とした場合、
残りの50億人は常に飢えを感じながら生きている。

140億人分の穀物のうち、60%は牛が食っている。肉にする為の飼料だ。
140億人分の穀物のうち、20%は残飯として捨てられている。
140億人分の穀物のうち、10%は正常に人が食いエネルギー消費されている。
では、残りの10%はどこに行ったのか。
それが脂肪と成っている訳だ。

つまり、
先進国の人が暴食をしなければ、
貧困国の10億人が助かるわけだ。

我々のダイエットは、自分の為ではない!
これは、世界平和の為なのだ!

「牛が食ってる分を人に回せ」・・・というのは、また別のお話。

|

« 奥日光2014秋 | トップページ | 朝ドラ「マッサン」面白いですね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>8月後半からの2ヶ月で、
>そろそろ体重が10kg減りましたよ。

どういう推移で減ったのでしょうか。停滞期は無かったですか。

投稿: 平山 滋 | 2014年11月20日 (木) 23:35

>8月後半からの2ヶ月で、
>そろそろ体重が10kg減りましたよ。

どういう推移で減ったのでしょうか。停滞期は無かったですか。

投稿: 平山 滋 | 2014年11月20日 (木) 23:41

コンスタントに減ってる感じですよ。
少しの波はあれど、ほぼ時間に比例して体重が減ってます。
例えば1週間だけ見た場合、減ってるのかどうか、よく判らないですが、1カ月のスパンでみると確実に減っている事が判るって感じです。
そろそろ目標体重なので、計画的に少しずつ米を食おうと思っています。

投稿: ブログ主 | 2014年11月21日 (金) 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/60553152

この記事へのトラックバック一覧です: 炭水化物ぬきダイエット:

« 奥日光2014秋 | トップページ | 朝ドラ「マッサン」面白いですね。 »