« 今回の「HERO」は、前回の「HERO」と全然違う | トップページ | デング熱が流行った理由を私は知っている。 »

2014年9月 2日 (火)

スマホで一眼レフを操作する利点

iPhoneや、Androidにて、
つまり、スマホやタブレットにて、
一眼レフカメラを遠隔操作することが出来る。

また、
PCで一眼レフカメラを操作することも出来る。

Wi-Fiで繋いで操作も出来るが、
USBケーブルで、カメラとスマホを繋いで使う人の方が多いかと思う。

 

多くの一眼レフカメラユーザーは言う。
「そんなことやる意味があるのか」
・・・と。

そうだろうね。
特に、USBケーブル接続みたいに、有線での操作の場合、特にそれを言いたくなるかもしれない。

でもね、
昔からありますよね。
「レリーズケーブル」を使ってシャッターを切るとか。
デジタルの時代なら「リモートケーブル」ですか。

つまりね、
それと同じなんですよ。

いや、それ以上に凄い効果が有る!

 

レリーズケーブルを使う理由は何か。
それは、「カメラを揺らさずにシャッターを切りたいから」でしょう。

スマホを使ったカメラ操作も同じなんです。
特に有用な利点が、3~4点あります。
・カメラを揺らさずに、マニュアル操作でフォーカス調整(ピント調整)が出来る。
・カメラを揺らさずに、シャッター操作が出来る。
・ライブビュー表示を、大きな液晶画面で確認できる。
・ライブビュー表示で、スマホ操作の要領で拡大縮小などができる。
 

この中でも特にフォーカス調整ですよ。ピント調整ですよ。
遠隔で、マニュアルフォーカス操作ですよ。

フォーカスポイントを拡大表示して、
そこにフォーカスを合わせる。
これを全て、カメラに手を触れずに行うことができる。

素晴らしい!

 

これね、三脚+望遠レンズとかで撮ってる場合、凄く欲しい機能何ですよ。
500mmとか600mmとかで撮影してるとき。
そう思いませんか。
また、虫や花などをマクロ撮影をする場合も、微妙な操作においてスマホやタブレットの活用は有用だと思います。

超望遠などの場合、カメラにちょっと触れただけで、ファインダーの中の絵がブルブルと震える。もうね、カメラに触りたくないんですよ。ピント合わせをしてるのに、ブルブルと震えるせいで、ブレて良く見えない。感で合わせて撮影してみて、ピントが合ってないとか、そんなことばかり。そこで欲しくなるのが、スマホでフォーカス調整なんです。

 

で、
私は既にPCからの遠隔操作環境は整ってるのですが、
スマホで環境を揃えたいと思っていまして、

これから挑戦してみようと思ってるんですよ。
まずは、一眼レフのUSB端子「USBminiB端子」と、スマホの「USBmicroB端子」を繋ぐケーブルを用意ですね。

「USBホスト」に対応したケーブルが必要に成ります。
USB端子がそれぞれの端で「miniB」と「microB」のケーブル、そういう商品が無いので、
仕方ないので、変換ケーブルを介すことになります。

この2つを繋げれば、OKですね。
スマホ ←→ 左のケーブル ←→ 右のケーブル ←→ 一眼レフ
こんな感じです。
これなら、右のケーブルだけ使って、PCとカメラを繋げることも出来るし、これがベストだと思います。

 

後はアプリですよ。
私はNikonなので↓以下のアプリに注目してるんです。

Helicon Remote
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.HeliconSoft.HeliconRemote2&hl=ja
CamCap - DSLR Controller
https://play.google.com/store/apps/details?id=de.xeqo.camcap&feature=also_installed

以下が使用できるカメラです。
キヤノン
1200D / T5 / Kiss X70, 70D, 100D / SL1 / Kiss X7, 700D / T5i / Kiss X7i, 6D, 5D Mk III, 1D X, 7D, 5D Mk II, 1D Mk IV, 1D Mk III, 1Ds Mk III, 60D, 50D, 40D, 650D / Rebel T4i / Kiss X6, 600D / Rebel T3i / Kiss X5, 1100D / Rebel T3 / Kiss X50, 1000D / Rebel XS / Kiss F, 550D / Rebel T2i / Kiss X4, 500D / Rebel T1i / Kiss X3, 450D / Rebel XSi / Kiss X2
ニコン
D4s, Df, D610, D5300, D600, D7100, D5200, D800, D800e, D4, D3, D3s, D3x, D7000, D5000, D5100, D700, D300/D300s, D90 (D3000, D3100, D3200は使えない様です).

 

 

【以下追記】

さぁ、使ってみましたよ。
Amazonで変換ケーブルを買って、今日届いたので、
早速アプリを入れて使ってみました。

私がスマホにインストールしてみたのは「Helicon Remote」です。
無料で使えます!
これね、思いのほか良いアプリですよ。

まず、日本語対応でした!
良いね!

ダウンロードページの紹介画面だと英語表記ですが、
アプリが日本語に対応してて解りやすいんです。

そして何より、操作がしやすい!
かゆいところに手が届く!
フォーカス調整の機能が素晴らしい!
こんなのが欲しかった!

いやぁ、良いですね。
良い世の中に成ったものです。
こういう世界ですよ、今は。

現在はまだ、ケーブルを用意して、アプリをインストールして、仮に操作してみただけですが、
今度、実際に使ってみたいと思います。
このページにて追記でレビューを書きます。

 

ちなみに、私は以下の様なスマホアクセサリを使ってるのですが、

この操作を行う場合、結構細かく操作したい場合は、こういうのが有ると便利ですよ。

|

« 今回の「HERO」は、前回の「HERO」と全然違う | トップページ | デング熱が流行った理由を私は知っている。 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/60225830

この記事へのトラックバック一覧です: スマホで一眼レフを操作する利点:

« 今回の「HERO」は、前回の「HERO」と全然違う | トップページ | デング熱が流行った理由を私は知っている。 »