« 月とスカイツリー2014/04/06 | トップページ | 月とスカイツリー2014/04/12 »

2014年4月10日 (木)

「STAP細胞」騒動について

昨日の会見を踏まえて世間、マスコミでは、

「小保方さんを信用するか」「しないか」

とか、そういう論調で事の真実を語ろうとしてますけどね。

・・・何を言ってるんですか。
科学ってのは、「信用する」「しない」の問題じゃないでしょう。

彼女の会見の対応や、理研の態度などで判断するような話じゃないんですよ。

「彼女の態度や話し方は信用できるから、STAP細胞は有るんじゃないか」
・・・って、これ、全然科学的な解釈じゃないでしょう。
だれでも、切実に上手く話が出来れば、その話の無い様な全て真実に成ってしまうのでしょうか??

科学に興味が無い人などにとっては、
そういう感情論で語るのが興味の方向なのかもしれませんけどね。

なんか残念ですよ。

「小保方さんが可哀想」とか、「あれじゃダメ」とか、
「理研のやり方がどうだ」とか、

まぁ、ワイドショーや、週刊誌的に、うわべなネタで盛り上がるのも良いですけどね。
それ一色って感じがして、・・・残念です。

 

私は「STAP細胞」ってのは、有るかもしれない・・・とは思います。無いという可能性も捨てられない。しかし、今の状態では、その有無なんて、全然語れない。
世間の人は何をもって「信用する」とか「信用できない」とか語ってるのだろうか。やっぱり、理研や小保方さんの態度だったり、対応だったり、しゃべり方だったり・・でしょ?

プレゼン能力で科学の事実が変わるわけでもあるまいし。

 

私は、
「STAP細胞研究」の過程で、理研内部で何が有ったのかが知りたいですよ。

もしかして「白い巨塔」ばりの内部争いとか、国からの法人取得問題とか、そういう話と、小保方さんのズル論文を書く癖・・・が相まって、今回の事件が起こったような気がするのですが、

そういうのはさておき、
実際に「STAP細胞研究」に関する、今回の失敗の過程を、だれか早く説明してほしいものです。

誰を信用するか・・・とか、そういう話じゃないく、

事実確認と検証だけで、自体を説明してほしいものです。

|

« 月とスカイツリー2014/04/06 | トップページ | 月とスカイツリー2014/04/12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/59447495

この記事へのトラックバック一覧です: 「STAP細胞」騒動について:

« 月とスカイツリー2014/04/06 | トップページ | 月とスカイツリー2014/04/12 »