« サードインパクトが火の七日間になる? | トップページ | 昭和記念公園の紅葉2012 雨 »

2012年11月19日 (月)

昭和記念公園の紅葉2012

Dsc_5740_s

D7000、ISO-100、f/3.5、露出時間1/320、ホワイト日影設定、PLフィルタ使用、午前9時50分撮影

このイチョウは毎年この時期にこのアングルで撮影しています。
今年はまずまずの写真になりました。

やっぱりカッコイイですこのイチョウ。
今年は右側の木の枝が伸びてきてしまったのが残念です。
あと、イチョウの左上に角が伸びてきたのが興味深いです。
今後どう成長していくのだろう。

過去のこのイチョウはこちら→昭和記念公園の紅葉2008

 

2012年11月18日 快晴

私の趣向としては、11月の昭和記念公園は午前中の日差しに限る。
午後に成ると太陽の方向が悪い。そしてすぐに夕方の装いをする。光が黄色くなる。午後2時になるともう青々とした空は望めない。

冬至まで1カ月の時期に紅葉の見ごろを迎える東京はこれが普通だ。

イチョウの黄色には青い空がよく似合う。

 

朝8時30分、立川口駐車場入口に到着。
ゲートはまだ閉まっている。ゲートが開くのは毎年開園時間の直前だ。開園時間は9時30分。それまでゲート前で路駐。この為にPSPを持参している。

私の電波時計で9時30分00秒ジャストに公園が開園する。この公園スゴい。さすが国営。

毎年ここに来るとレンタルサイクルで公園を回るのだが、今年は折り畳み自転車を用意したので、レンタルサイクルの手続きの手間取りも無く、スムーズに出発することが出来た。

Dsc_5683_s2
これは公園東側「カナール」という場所の並木道。立川口から入場した人の多くは開園と同時にこの並木道を東側から歩いて通るのだが、私は入場するやいなや、自転車でこの並木道の西側まで来て陣取りこれを撮影。イチョウ並木は逆光の角度で木の影から撮影するに限る。東側からの撮影だと絵が栄えないし、何より人で混んでる。

私はこの並木道にはあまり思い入れは無い。
早々に行きたいのは、上に貼った一本の大イチョウだ。

Map(←園内マップ)

 

Dsc_5716_s2

チャリンコをかっ飛ばして、第1サークル、第2サークルと向かい、大イチョウへ。

Dsc_5749_s2

やっぱりいつも通りカッコイイ。
この風になびかれているかのような立ち姿が良い。
このイチョウは東西に延びるサイクリングコースの中にあり、午前10時の南東の日差しにおいてこの黄色と空の青が実現する。つまり並木道でのんびりしている暇はないわけだ。この写真は9時55分に撮影。
ちなみに下の写真は12時40分に撮影。全然違うでしょ。日差しって大事です。紅葉撮影は太陽の角度が大事。これでも設定を駆使して頑張ったんだけど。
Dsc_6113_s2

 

次は、西の並木道です。
「スポーツエリア」のイチョウ並木です。

Dsc_5824_s2

こっちの並木道は大好きです。
厳かです。
東のイチョウ並木は西洋風、西のイチョウ並木は和でも洋でもなく、現代でも時代劇風でもなく、なんというか「大正浪漫」のような雰囲気を感じて大好きです。
でも人が多い。ここをメインに撮影したい場合は、入場口を変える必要があるかもしれない。
撮影はやっぱり逆光方向から。太陽は南東の方向なので、南北に延びるこの並木道を北側から撮影。やっぱりここはカッコイイ。10時30分の日差し。

 

 

日本庭園エリアです。
 Dsc_5994_s2  Dsc_5880_s2 

Dsc_5920_s2 Dsc_5938_s2

11時から12時までかけてゆっくり回りました。
この庭園は、私は個人的にあまり感動は無いのだけれど、見た目が派手なのでつい撮影に時間をかけてしまう。

橋の撮影は、人の波との戦いでした。紅葉写真に人が入ってしまうことは私は気にしない。「人も風景のうち」という心情で受け入れている。ただ、絵に成る人と絵に成らない人がいる。
紅葉に似合う色の服を着ていてほしい。そしてゆっくりと紅葉観賞をしている人が良い。原色系の服やカバンは入ってきてほしくない。それと赤い服は出来ればやめてほしい。「淡い赤」であってもやめてほしい。紅葉の赤を強調したい場合にその服が邪魔に成る。その服の人が主役に成ってしまいかねない。
グレーや茶色系の淡い服をみんな着て紅葉の場に赴いてほしい・・・と私は勝手に思ってしまう。
この橋は常に混んでいる。橋の上からの風景が綺麗で、みんな立ち止まって風景を眺める。人が途切れることは無いこの橋で、ファインダー内に人が2人で、色もよく、配置もいい、こんな瞬間を待つまで10分くらい粘っただろうか。

このエリアはあまり思い入れが無いのについ時間をかけてしまう。
なぜだろう。

ちなみに、左下の写真、空の向こうに富士山が見えます。
↓この写真だともっとわかりやすいかも。
Dsc_5913_s

 

 

Dsc_6015_s2

日本庭園を出ると、日差しは午後の様相になり、黄色くなっていく。

この辺にくると、いつも私の脳裏にはシティーハンターのエンディング曲が流れてくる。
下の動画の1分目あたりの歌詞と風景が大好きで、そしてその心と風景がここにマッチする。
冬の日差しを受ける公園を横切って、毎日の生活が始まる・・・。この哀愁が良い。たぶんこの公園は新宿御苑だと思うんですけどね。

 

 

最後にこどもの森などを回って1時を回り、この日の撮影は終わった。

Dsc_6086_s2
この渦、確かめてはいないけれど、多分これは「白銀比 」だ。日本文化に根付く「黄金比」だ。
白銀比とは、「1:√2」の比率の事を言う。

 

立川口に戻ってちょっと休んでいると、「毎週ここに来てる」というオッサンと話す機会があった。良いカメラ機材をもっていて、これから回るのだという。この人は午後の日差しで良いのだろう。
写真が趣味の人でも、対象は様々だ。
同じ紅葉撮影でも、葉っぱのマクロ撮影ばっかりしている人も居れば、色の出し方のセンスも違う。濃い色を表現する人、明るい色を表現する人。
友達同士で撮影に行ったりすると、お互いに影響し合うことも多いのだけど、例えば見知らぬ趣味人同士で同じ場所での写真の見せっことかすると、全然違う写真を撮っていることが多い。
私は空が好きなのでもう終わりだが、「これから回る」というオッサンはまた違った趣向の写真を撮るのだろう。
こういうのをみただけでも、やっぱり写真は奥が深い。

|

« サードインパクトが火の七日間になる? | トップページ | 昭和記念公園の紅葉2012 雨 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/56147088

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和記念公園の紅葉2012:

« サードインパクトが火の七日間になる? | トップページ | 昭和記念公園の紅葉2012 雨 »