« 遅延(タイムラグ)対策の方法 (テレビでプレイ、PCでキャプチャ) | トップページ | 実況用のマイクについて »

2011年12月28日 (水)

AviUtlを使わない簡単な方法

トップ目次に戻る

実況動画作成では、
アマレコTVなどで録画をした後、動画編集でカット編集なりをして、動画圧縮をしなくてはいけません。
また、カット編集が必要無かったとしても、動画圧縮は必ず必要になります。
カット編集が必要無い場合は、AviUtlを使わなくても出来るので、その簡単な方法を紹介したいと思います。

まず、アマレコTVの設定を、行いましょう。

アマレコTVの設定で、
「グラフ2(プレビュー)」の、デインターレースを「自動」に設定。その下のモードは「ロールプレイング」に設定。
「グラフ2(プレビュー)」の、アスペクト比を任意に設定。ワイドなら16:9、スタンダードなら4:3にしましょう。
「録画設定」の、フィルター処理を、「フィルタ有り」に設定。
「高度な設定」の、ビデオレンダラーを、「オーバーレイのみ」に設定。
これでOK。

この設定でゲーム映像を録画しましょう。
これで「インターレースの対処」と「縦横比(アスペクト比)の設定」が出来ます。
※本当はアマレコTVで行うよりAviUtlの方が画質が良いです。AviUtlを使う場合は「フィルター無し」「ビデオレンダラー自動」にします。

そして出来あがったAVIファイルを、「ニコエンコ」という変換ソフトを使ってMP4ファイルに変換しましょう。
ニコエンコは、全自動でニコニコ動画に最適なMP4ファイルに変換してくれるソフトです。
ニコニコ動画に特化したソフトですが、YouTube用としても使えます。

http://dl.dropbox.com/u/136728/nicoenc.html
↓使い方
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/267.html#id_6ffc7cac

YouTubeにUPする場合、または、
任意の画面サイズ、任意のビットレートなどでMP4ファイルを作成したい場合は、「手動変換」をすることをお薦めします。

例えばYouTube用の場合は、「動画ビットレート」の値を1000kbps~5000kbps程度にすると良いです。あまり上げ過ぎても無駄なので注意が必要です。
あと、「画面サイズ」を確認しましょう。4:3(スタンダード)の画面なら「640x480」などにしましょう。16:9(ワイド)なら「856x480」、ハイビジョンなら「1280x720」、「1920x1080」などにしましょう。

例えばニコニコ動画用に「手動変換」する場合は、映像ビットレートは500kbps以下にしましょう。画面サイズは、16:9の場合「864x486」、4:3の場合「648x486」がお勧めです。

トップ目次に戻る

|

« 遅延(タイムラグ)対策の方法 (テレビでプレイ、PCでキャプチャ) | トップページ | 実況用のマイクについて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/53593354

この記事へのトラックバック一覧です: AviUtlを使わない簡単な方法:

« 遅延(タイムラグ)対策の方法 (テレビでプレイ、PCでキャプチャ) | トップページ | 実況用のマイクについて »