« ハイチ大地震に対する日本の対応 | トップページ | だめだよ「ガイアの夜明け」 »

2010年1月18日 (月)

ダジャレの科学

「所さんの目がテン」でやってました。

・脳の構造上、男性はダジャレが得意、女性は苦手らしい。
・オヤジギャグの正体は、若者への「面白い人」「良い人」なアピールらしい。つまり心理的に、つい言ってしまう。

 
つまり、オヤジギャグってのは、若者とのコミュニケーションにて「楽しさ」で遅れを取っていると自覚したオヤジが発するダジャレ・・・だったのですね。

ここまでが番組の内容でした。
面白いですね。
以下、私の見解です。

つまり、
普段、面白い話をしないオヤジが、無理に面白い話をしようとするから、寒いダジャレしか思いつかない訳ですね。

逆に言えば、普通に楽しい会話をする能力のあるオヤジは、同じような状況に陥っても、能力相応に楽しいコミュニケーションを交わすことができるので、無理なダジャレを発する必要もない。

 

私が思うに、オヤジギャグというのは、オヤジだけの専売特許ではないはず。また、コミュニケーションの相手が若者ではなかったとしても、オヤジギャグが発せられる場合が有る。

男同士で会話が盛り上がっていて、そこに詰まんない話しか出来ない男が会話に参加しようとする時、その男はオヤジギャグ混じりの話をすることになる。「女三人寄れば・・・」ということわざが有るけれど、男だって集まればそれなりに会話は弾む。しかし、オヤジギャグの常習者がそこに参加した時、一気に会話は冷めてしまい。その場の熱を取り戻すのに時間が掛かってしまう。
まぁ、だからと言って「口下手男は会話に入るな」って事態には成らないんですけどね。

そしてこれは、年齢に係わらず起こる。
脳が大人になった、18歳以上くらいになると、男のコミュニティではよく見かけるようになる。20代だってオヤジギャグを言う。

無理しなきゃいいのに。

|

« ハイチ大地震に対する日本の対応 | トップページ | だめだよ「ガイアの夜明け」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/47329234

この記事へのトラックバック一覧です: ダジャレの科学:

« ハイチ大地震に対する日本の対応 | トップページ | だめだよ「ガイアの夜明け」 »