« 川幅が急拡大、久留米の川 | トップページ | 結局バラマキしか出来ない政治家 »

2009年7月31日 (金)

琵琶湖疎水の魅力

Dsc07667_th_s
南禅寺の水道橋(水路閣)

琵琶湖疎水とは、琵琶湖の水を京都の街に送るための水路で、明治23年に造られました。この疎水の魅力は何と言っても、西洋風の古き良き建設技術が使われていることでしょう。

嗚呼、何という様式美、機能美、そして歴史を感じる美学。
美しい・・・。
感動する・・・。

 

この水道橋、まだ水が通っているんですよ。
凄いです。
使われ続けてこそ、美しさは保たれる。

↓ここです。南禅寺の敷地の中のここです。

 

先週末、皆既日食観測からの帰り道、新幹線で途中下車をして、観光して来ました。
今回は半日という短い時間ということもあり、「南禅寺」から「哲学の道」まで続く琵琶湖疎水を見てきました。大津から南禅寺までの琵琶湖疎水も色々と魅力的な部分はあるのですけどね。そちらはまた今度の楽しみとしたいと思います。

Dsc07659_s Dsc07660_s Dsc07663_s

Dsc07664_s Dsc07665_s Dsc07667_th_s_2

  Dsc07669_s  Dsc07671_th_s  Dsc07674_s

  Dsc07675_s  Dsc07678_s Dsc07679_s

Dsc07686_s Dsc07696_s  Dsc07700_s

|

« 川幅が急拡大、久留米の川 | トップページ | 結局バラマキしか出来ない政治家 »

写真」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/45792011

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疎水の魅力:

« 川幅が急拡大、久留米の川 | トップページ | 結局バラマキしか出来ない政治家 »