« 今年もまた御茶ノ水の聖橋 | トップページ | 続 ミツバチ大量失踪の謎 »

2009年4月13日 (月)

今年もまた皇居のサクラ 2009

Dsc06730

関東はもう、桜は終わりです。
ソメイヨシノは終わりです。

今年も色々と桜を愛でに行きました。
開花前は「今年は見に行くのやめようかな」とか思ってたのですが、やっぱり見に行っちゃいました。

日本人の本能と言ってもいいですね。
桜は、桜吹雪の時期が一番美しい。
これぞ「滅びの美学」です。
以前、「滅びの美学」について語ったことがありましたけどね。
つまり、これが「滅びの美学」です。
サッと咲いて、サッと散る。 惜しげもなく散っていく。
儚くも美しい。

写真の水面に浮いているピンクのものは花びらですよ。
嗚呼、なんかすくって食べちゃいたい。

Dsc01733_s
ちなみにこれは2008年の皇居のサクラです。
同じアングルですね。意識してなかったのですが、やっぱり同じ場所で撮影してしまうようです。反射的にシャッターを押してしまうんですね。

Dsc01739_s →   Dsc06717

Dsc01712_s → Dsc06763

Dsc01715_s → Dsc06750

千鳥ヶ淵のボート乗り場が改築されちゃったんですよ。で、その上に桜の展望台が出来まして・・・。あまり弄って欲しくなかったなァ。

Dsc06718 Dsc06720 Dsc06723

Dsc06743 Dsc06753 Dsc06756

Dsc06780 Dsc06807 Dsc06812



|

« 今年もまた御茶ノ水の聖橋 | トップページ | 続 ミツバチ大量失踪の謎 »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/44657132

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もまた皇居のサクラ 2009:

« 今年もまた御茶ノ水の聖橋 | トップページ | 続 ミツバチ大量失踪の謎 »