« 東京の空の下 2008 | トップページ | マグロ漁に関すること »

2008年11月25日 (火)

昭和記念公園の紅葉2008

Dsc05294_s 先週末は、「セザンヌ展」、「皇居めぐり」と文化的なことをしてきた訳ですが、実はもう一つ行ってきたんです。先週末は色々有り過ぎて忘れてました。

「セザンヌ主義」に行ってきた
東京の空の下 2008

 

実は、昭和記念公園に行ってきました。
昼に昭和記念公園、夜にセザンヌ展・・・。

車で行ったのですが、首都高速は混むだろう・・・と思ってましたが、最近はそれほど渋滞しないんですね。山手トンネルが出来たからなのか、圏央道が繋がったからなのか、原油高騰と不景気のせいなのか・・・。

昭和記念公園は「銀杏(イチョウ)並木」が有名で、よくドラマのロケーションなどにも使用されます。しかし、私が注目していたのは北側にある「日本庭園」です。この日本庭園は戦後に作られた庭園の中で一番大きいらしいです。

以下、数々の紅葉と黄葉の写真をご覧ください。

  Dsc05233_s     Dsc05234_s   Dsc05315_s

Dsc05362_s Dsc05375_t_s Dsc05378_s

Dsc05485_s  Dsc05413_s   Dsc05435_s

Dsc05478_s Dsc05459_s  Dsc05460_s_h  

  Dsc05503_s   Dsc05519_s

凄く広大な公園です。
整備されていて素晴らしいのですが、いざ撮影しようと思うと構図に困ってしまう公園でもあります。シャッターポジションが決まっていると言えるのはやはり銀杏並木くらいでしょうか。だから銀杏並木の風景が有名なのでしょうかね。

日本庭園も凄く大味な庭です。
「日本庭園」というよりも「日本庭園風の公園」ですね。大きいというか大雑把というか。構図を工夫しないとつまらない写真ばかりに成ってしまう庭園です。遠巻きな風景が多くなってしまうこの庭園ははやり快晴の日に限ります。もっと小さく込み入った庭園ならば曇りの日が良いのですけど。

庭園はやはり、江戸時代以前に製作されたところが良いです。寺社の庭など。哲学感が違います。

上の方の写真「燃えるようにうねる一本のイチョウ」は以下の場所で撮影しました。

|

« 東京の空の下 2008 | トップページ | マグロ漁に関すること »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/43223144

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和記念公園の紅葉2008:

« 東京の空の下 2008 | トップページ | マグロ漁に関すること »