« 柔道の石井慧 | トップページ | 「偽善エコロジー」について 1-1 「レジ袋問題」 »

2008年9月 8日 (月)

「偽善エコロジー」を読んでみての感想と検証

「偽善エコロジー」検証目次

「偽善エコロジー」
武田邦彦が書いた環境問題に関する本だ。

内容は以下のとおり。

第一章 エコな暮らしは本当にエコか?
1、「レジ袋を使わない」は、ただのエゴ → 検証
2、「割り箸を使わずマイ箸を使う」は、ただのエゴ → 検証
3、「ペットボトルより水道水を飲む」は、悩ましい → 検証
4、「ハウス野菜、養殖魚を買わない」は、ただのエゴ → 検証
5、「石油をやめてバイオエタノールに」は、ただのエゴ → 検証
6、「温暖化はCO2削減努力で防げる」・・・、防げない → 検証
7、「冷房28℃の設定で地球温暖化防止」は、意味なし → そうじゃないんです
8、「温暖化で世界は水浸しになる」・・・、ならない → 検証

第二章 こんな環境は危険?安全?
1、「ダイオキシンは有害だ」・・・、危なくない → 考査
2、「狂牛病は恐ろしい」・・・、危なくない → 考査
3、「生ごみを堆肥にする」・・・、危ない → 考査 New !
4、「プラスチックをリサイクルする」・・・、危ない
5、「洗剤より石けんを使う」・・・、よくない
6、「無毒、無菌が安全」・・・、危ない

第三章 このリサイクルは地球に優しい?
1、「古紙のリサイクル」・・・、よくない
2、「牛乳パックのリサイクル」・・・、意味なし
3、「ペットボトルのリサイクル」・・・、よくない → 考査 New !
4、「アルミ缶のリサイクル」は、地球に優しい
5、「空きビンのリサイクル」・・・、よくない
6、「食品トレイのリサイクル」・・・、よくない
7、「ゴミの分別」・・・、意味なし

第四章 本当に「環境にいい生活」とは何か
1、もの作りの心を失った日本人
2、幸之助精神を失う
3、自然を大切にする心を失う
4、北風より太陽、物より心

なんだかスラスラ読んでしまいました。
聞きなれた単語の羅列と論理、そして著者自身の感情によって書かれた部分が多様に有ったので、流し読みで充分理解できました。

この本に感銘を受ける人って沢山いるのでしょうね。信頼できそうなデータと理論で武田邦彦は武装していますからね。世の環境論を蹴散らしている興奮がある。「エコだエコだとうるさい」と内心で思っている人に対して、正しく思える「理論」を与えている訳ですからね。絶賛されるのも当然です。

武田邦彦という人は、テレビを始めとしたあらゆるメディアにて、環境論を語っている。常日頃から彼に対して「もうちょっとちゃんと科学で語ってくれ」と感じているのですが、とりあえず彼のこういう本をちゃんと読んでみると、やはり彼の環境問題に対するスタンスは根本から他者とは違うことがよく解り、・・・気になって仕方ない。・・・少なくとも普通に科学を語る人間とは違うスタンスだ。

彼のスタンスはたぶん、「環境対策の為に生活を犠牲にしたくない。生活レベルを落とすような環境対策は間違っているはずじゃね?」というものが心理として有る。そんな感情からの論理の出発なのでしょう。
この著書の中で彼は「エゴだ、エゴだ」と言っているけれど・・・、「それって自分がエゴイストだと言っているだけなのでは」、と捉える事ができる部分が多々有ります。

これから私は、この本の一つ一つの項目について、検証してみようと思います。
項目の右側「検証」のリンク先にて、書いていく予定です。
科学的に疑問を明確にし、立証または場合によって訂正を促してみたいと思います。

アルキメデスの原理による海面上昇否定の是非 武田邦彦を始めとした,池田清彦,渡辺正,薬師院仁志,山形浩生,伊藤公紀,岩瀬正則などの地球温暖化に対する懐疑論 レジ袋の是非を問いたい エコバック エコバッグは環境に優しいのか 温暖化って本当なのだろうか その疑問をお答えしたい 懐疑論を否定する論理は容易であるが文章家することはとても労力を必要とする 浅草キッドの水道橋博士や宮崎哲弥は「博士も知らないニッポンのウラ」によって染まったようだ

|

« 柔道の石井慧 | トップページ | 「偽善エコロジー」について 1-1 「レジ袋問題」 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

グレードの高いコメントをありがとうございました。

やっぱり専門知識を持った人の言葉は、一味違いますね。記事を少し拝見させていただきました。科学のことはよくわかりませんが、情熱を持って執筆していることがよくわかりました。

これからも、より深い領域の冒険ができるといいですね。がんばって下さい。

投稿: 桑畑四十郎 | 2008年10月19日 (日) 13:35

>>桑畑四十郎さん

いえいえ失礼いたしました。
桑畑さんはニュートラルにお考えのようなのに、私はえらそうなこと言ってしまったなと、書き込みの後になって後悔してしまいました。

人類の知識はこのような暴論と否定の繰り返しによって成長していく面もあるのかもしれません。それに対して色々と挑戦してみたいと思います。

投稿: Snow(ブログ主) | 2008年10月19日 (日) 14:31

いつも勉強させてもらってます。

今更なんですけど、
武田氏対策でこの記事のリンクを貼りまくらせてもらってます。ご容赦を。

投稿: fmeo1 | 2008年12月13日 (土) 02:27

>>fmeo1さん
どうもお世話様です。
参考にしていただいてありがとうございます。
至らない部分も多々あると思いますが、更新を続けていきたいと思います。どうか見守っていてくださいませ。

投稿: Snow | 2008年12月14日 (日) 01:12

33歳ニート?

投稿: 平日にエキストラ | past.2DE5B62149AE3969 | 2009年5月16日 (土) 22:49

>>平日にエキストラさん

お久しぶりです
つけめんデリックさんcatface

投稿: Snow | 2009年5月17日 (日) 01:25

朝日新聞の広告でたまたまみつけた武田邦彦氏の「温暖化謀略論」の宣伝帯を「???」と不審に思い、検索していたところ、このブログを発見しました。
これから楽しく読ませていただきます。

投稿: 海山ヒロ | 2010年6月 1日 (火) 14:29

>海山ヒロさん

ありがとうございます。
何か知の足しにして頂ければ幸いです。

投稿: Snow | 2010年6月 1日 (火) 19:34

sun

投稿: zax | 2010年12月16日 (木) 12:13

拙ブログ記事です。

“ 「古紙のリサイクル」・・・、よくない → 考査・検証 ”
という記事をしたためるときの足しにでもして戴ければ幸いです。

投稿: 平山 滋 | 2011年1月15日 (土) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/42411280

この記事へのトラックバック一覧です: 「偽善エコロジー」を読んでみての感想と検証:

» 『偽善エコロジー』 [ふつうの生活 ふつうのパラダイス]
               なんかショック。すごいショック。いままで、いい事正しいこと、と、思ってやってきた、エコロジーなことが、みんな、無意味だったなんて。今話題のこの本は、一方で、必ずしも中に書いてあることは正しくない、間違ってこるとも多いと、い...... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 09:32

« 柔道の石井慧 | トップページ | 「偽善エコロジー」について 1-1 「レジ袋問題」 »