« もはや哀れな安倍晋三 | トップページ | ミステリー!米国ミツバチ大量失踪の謎 »

2008年7月 3日 (木)

世界の石油や穀物の高騰の元凶は日本の財政赤字に有り!

世界の石油高騰、穀物高騰の元凶は日本の財政赤字に有る。


「円キャリートレード」という言葉を知っているだろうか。
金利の安い日本でキャッシュを借りて、世界のマーケットへの投資資金とする流れだ。

なぜ日本で金を借りるのか。
それは日本の「金利」が安いからであり、借りた金を返す時の出費が低くて済むからだ。

なぜ日本は金利が安いのか。
それは、日本の社会が不況から抜け出せていないことが大きな理由だ。しかし・・・

昔、日本銀行が操作する金利が「公定歩合」であった時代は、単純だった。
公定歩合を下げれば、資金が日本国内に注入され、預金率が上がり、金が循環する。
公定歩合を上げれば、行き過ぎた金の循環が抑制され、経済の熱を冷まさせることができる。
それも1994年9月までだった。
1994年10月からの金利自由化により、この構図は砕けた。
金融グローバル化が進む現在の世において、金利を下げる事は「円キャリートレード」を誘発するに過ぎず、全くと言っていいほど日本の社会に循環するお金は増えない。
金利を下げても景気がなかなか回復しないのが現状となっている。


ではなぜ日本はゼロ金利政策などを遂行し続けるのか。

それは、日本政府の財政問題に他ならない。
日本政府の借金の額は800兆円。
この借金にも、金利は影響している。
金利を上げすぎると、金利だけで日本は国そのものが破綻してしまう。
日本が破綻しないように、日本銀行は金利をなかなか上げる事が出来ないわけだ。

日本の借金が減らないかぎり、なかなか金利は上げられない。
よって、日本の金利は世界水準でみて、最低ランクとなる。
よって、「円キャリートレード」が止まらない。
よって、日本円にて世界のマーケットへの投資が止まらない。
「サブプライムローン」の崩壊によって、金融商品や株式への投資が止まった。
そして、その資金は安定した高騰が望める「石油」と「穀物」に向かっていった。

石油は、枯渇懸念とアジア需要があり、
穀物は、世界的な不作とアメリカでのバイオエタノール需要がある。
今現在の投機世界において、簡単に投資できる項目はほぼこの二点しかないといってもいい。高騰するに決まっている流れとなっている。またこの流れがバブルともなっている。


日本の超低金利が、石油高騰や穀物高騰を招いている。
日本の借金800兆円が、世界の物価を押し上げている。
借金の元は、日本のバブル崩壊後のニューディール政策的な公共工事であったり、省庁にぶら下がった公共団体の無駄銭食い連中の存在のせいであったりする。

日本の官僚の腐敗が、世界の物価高騰を招き、貧困層を不幸にしている。

ニューディール政策というのは、景気対策の引き金的な政策である。それがメインとなってはいけない種類の政策。それがメインとなったとき、政策は破綻するものであり、それは1929年の世界恐慌当時のアメリカがいい例だったはず。
日本は何も学んでいない。
アメリカのニューティール政策の失敗が太平洋戦争を招いたといっても言い過ぎではない。

そして現在、日本のニューディール政策の失敗により、世界が世界中の金融が混乱して、経済成長の無い物価高騰が続いている。
世界が暴発する日は近いのかもしれない。
そして日本はその嵐の中心付近にいることは間違い無さそうだ。


どうするんだろう。
日本はいつ金利を上げるのだろう。
「円キャリートレード」の永遠の継続はありえない。
日本の財政や経済に響かない条件下での、良いタイミングで金利を上げる事が出来れば・・・そんなタイミングを見い出せれば世界は救われるのだろうか。
しかし、それが成功するとは限らない。
日本国内は成功しても、世界的には大混乱って可能性もある。

・・・日本だけが破綻するっていう未来も有り得る。


とりあえずは日本の借金800兆円をはやく減らさないといけない。
・箱物建設は全国全てゼロベース。原則計画停止。
・高速道路建設、整備新幹線も全てゼロベース。原則計画停止。
・消費税は15%以上。
・省庁下の特別行政法人を前面廃止。そして国会議員主導で復活議論。
・ガソリン税の廃止。代わって環境税導入。問答無用。ガソリン価格を税込み220円。
・公務員ボーナスを一律で中小企業社員ベース。実質半額以下。

こんなことをやりながらの金利の上昇を狙う・・・。

日本の省庁が改善すべきこと、そして日本国民が覚悟しなくてはいけない生活苦・・・。
日本の課題は多すぎる。
そしてその課題を解決しない限り世界の平和は訪れない。

|

« もはや哀れな安倍晋三 | トップページ | ミステリー!米国ミツバチ大量失踪の謎 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/41720947

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の石油や穀物の高騰の元凶は日本の財政赤字に有り!:

« もはや哀れな安倍晋三 | トップページ | ミステリー!米国ミツバチ大量失踪の謎 »