« 「コードギアス」に世界中が反響 | トップページ | とてつもない日本の「はっぱ隊」 »

2008年5月 1日 (木)

「taspo」が来た

「taspo」とは、タバコを自動販売機で買う際に、必要と成るカードのことです。

<たばこ自販機>運転免許証での購入可能に YahooNEWS毎日jp
こんなニュースがあったし、タバコは主にコンビニで買っていたのであまり必要無さそうだったのですが、一応登録してみました。
で、カードが届きました。

Sdsc01772_3

なんだか簡単なものですね。
っていうか、有効期限があるのかよ・・・。

このカードには電子マネー機能が付いてるとか。
ま、タバコの売買用の電子マネーであって、スイカなどとは繋がりが無いので使うつもりは有りません。


このカードは、未成年者の喫煙を抑止するために考えられたものです。
この考えには大賛成です。
喫煙家としては面倒ですけどね。良いことです。

が、いつだったかテレビで有識者っぽいオバサンが言っていました。
「成人の有人や親のカードを使って未成年者が購入する可能性がある。このカードでは完璧じゃない。もっと完璧な取り締まりが必要です」と、力の入ったコメントをしていました。
何を言っているのか。 完璧じゃないのは当然じゃないか。
世の中、完璧なタバコの取り締まりなんて不可能なんだから、少しでも抑止できるこのカード作戦で充分いいじゃないか。
この辺が適度な政策だ。

子供の為に、未成年の為に、完璧にクリーンな社会で彼らを育てたい・・・。そんな潔癖な人の考えなんでしょうね。PTAとか。
クリーンルームで純真無垢な免疫力の無い野菜をつくり、いざ市場に並べてみたら一気に腐ってしまった・・・、ってそんな未来に成らないことを祈ります。


そういえば、この前自動販売機でタバコを買っていたら、そこを管理している人が自販機にタバコをセットしにきました。 どうやら自販機の設置を生業にしている個人事業主のようです。
そしてすかさず私に「taspo」の登録を熱心に勧めてくれました。
適当に相槌を打ちながら思いました。 カードが導入されるに当たって、こういう人たちは収入が減ってしまうんだろうな・・・と。
ま、別に同情はしないですけどね。「頑張れ」とも思いません。
世の中にはそれなりの流れというものが有って、タバコ産業だって同じことです。
それだけに頼っている人は時代の波に流されてしまうのは当然です。
たまたま今の流れがタバコ業界にとって激変期であっただけの話。

それにしても、タバコ人口って一気に減りました。
よく「肩身が狭くなった・・・」という人が居ますが、私はむしろこれくらいの社会的制限があった方が有りがたい。
喫煙の機会が減ってほんのちょっと健康的だし、それに時間を空けた分、次のタバコがうまいし。

もっと税金だって掛けてくれていいです。
現在、一箱300円程度ですが、400円くらいにしてくれていいですよ。
愛煙家は、社会においてマイナスしか撒き散らしてないですからね。
出費が増えるのは嫌ですが、この金で地方自治体が潤ってくれるなら、寄付と懺悔の心で納得です。

|

« 「コードギアス」に世界中が反響 | トップページ | とてつもない日本の「はっぱ隊」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/41052212

この記事へのトラックバック一覧です: 「taspo」が来た:

« 「コードギアス」に世界中が反響 | トップページ | とてつもない日本の「はっぱ隊」 »