« 「taspo」が来た | トップページ | もしも1つだけ願いが叶うなら・・・ »

2008年5月 5日 (月)

とてつもない日本の「はっぱ隊」

今さら知ったのですが、「はっぱ隊」って世界で凄いことになってたんですね。

確か、「笑う犬の冒険」だかの1コーナーのネタだった。
それがアメリカのABCに招かれて放送され、それがキッカケだったのかもしれない。
YouTubeなどの動画サイトで大変な事が起こっていた!
もう世界各国ではっぱ隊だらけ・・・。
すげぇ~ーー・・・。
各国の学校などの文化祭レベルのステージなどで大好評のようで、凄く楽しそうです。
盆踊り風に大勢で輪になって踊ってる映像とかもあるし。

日本ではただ放送を見て楽しむだけだけど、外国の人って自分も踊っちゃうんですね。
いいなぁ、そういうセンス。
一緒にやいたい・・・。

(↓下記に文章続きます↓)

ABCの番組「ジミー・キンメル・ライブ」

ステージ1

ステージ2

コスプレ

オープンフロア

野外ステージ

とてつもない日本のはっぱ隊


で、はっぱ隊の動画を色々物色してたら、今度はアニメのダンスが引っかかった。
「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメのエンディング曲で使われていた曲とダンスらしい。
凄いですよ。
なんで日本のアニメが世界中で・・・。 ま、ガンダムやコードギアスと同じようなルートでみんな観てるのでしょう。
それにしても「涼宮ハルヒの憂鬱」って、調べてみると日本では全国放送もされていないローカル放送なアニメらしい。
それが世界に広がって凄いことに成っちゃってるんですね。

動画検索してみたら、Yahoo動画で1話だけ無料配信されてるじゃないか・・!!
(続きは有料)
観てみたけど、なるほど世界に広がっていくだろうパワフルなアニメだ。

(↓下記に文章続きます↓)

ハレ晴レユカイ / Hare Hare Yukai FULL DANCE

ハレ晴レユカイ LIVE
http://jp.youtube.com/watch?v=E8Cxg5Eqc2s

世界のハレ晴レユカイ

セカイのハレ晴レ。今日もまた何処かでハレ晴レ。第六版


なんだか、涙が出てきちゃいますよ。
何とも言えない感激です。
世界って思ったほど悲観する必要ないって。
世界中が平和って訳じゃないけれど、同じ思いで世界中で楽しめる、心から笑える騒げるって凄く良いじゃないですか。心が世界中の人たちと繋がっているというか・・・。
ま、涼宮ハルヒの方はオタクパワーも相まってますけど、それこそ日本語版しかないであろうアニメを芯から好きになるような、そこまでに至るパワーと情熱も凄いし、それに付随するダンスが世界中で踊られているって凄く面白い。


「はっぱ隊」も「ハルヒ」も
これは実は、パラパラの楽しさに似てるんですね。 それもどうやらパワーアップしてますよ。 広く浅くそして局地的に驚異的な勢いで。
例えば、見ず知らずの人同士で会ってすぐに同じダンスを踊って息ピッタリ、その感動が世界レベルに広がりつつあるってことです。
そしてそのダンスや曲に少なからずみんな感動しならが演じてるって事がいい。
そこがパラパラと違うところ。
だからこそ観ている方もそれを感じて感動する事が出来る。

世界ってそんなに簡単なものじゃないけれど、歌やダンスのエンターテイメントで世界が1つになる礎となるその可能性を見た感じがします。
1つの感動は世界の共有財産です。
その体現を見ました。

|

« 「taspo」が来た | トップページ | もしも1つだけ願いが叶うなら・・・ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/41072757

この記事へのトラックバック一覧です: とてつもない日本の「はっぱ隊」:

« 「taspo」が来た | トップページ | もしも1つだけ願いが叶うなら・・・ »