« 宇宙人、UFOの可能性 | トップページ | 台風、ハリケーン、サイクロンの違い »

2007年12月30日 (日)

空はなぜ青い? 夕焼けはなぜ赤い?

太陽の光の色はもともとは6000ケルビンという白い色です。
ケルビン Wikipedia

太陽の白い光のうち、地球の大気が水色の光(青と緑の混合)を多く散乱させるため、空は水色に見えます。
散乱 Wikipedia

夕焼けの太陽光は、地球の大気を長く通るため、光の波長のうち水色の波長だけが弱くなってしまいます。
よって「光の三原色」の関係により、オレンジの光が強く目に飛び込んできます。
光の三原色 Wikipedia
PCのペイントツールとかの「色の作成」で、青と緑を弱めてみてください。 オレンジ色になりますから。
夕方の太陽光は大気を多く通過するのでその傾向が強くなります。
昼間は光が通過する大気の層が薄くなるので、太陽はほぼ白い光のままです。 そしてその周りは拡散した水色によって「空色」が形成されます。

R_05

R_06  R_07

NHK高校講座 物理 第21回 波動 光の偏光と散乱 「夕焼けはなぜ赤い?」
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/butsuri/archive/resume021.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2007/tv/butsuri/archive/resume021.html

|

« 宇宙人、UFOの可能性 | トップページ | 台風、ハリケーン、サイクロンの違い »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/17521640

この記事へのトラックバック一覧です: 空はなぜ青い? 夕焼けはなぜ赤い?:

« 宇宙人、UFOの可能性 | トップページ | 台風、ハリケーン、サイクロンの違い »