« 月が大きく見える理由、月が赤く見える理由 | トップページ | 宇宙人、UFOの可能性 »

2007年12月30日 (日)

太陽の熱は真空中をどうやって伝わってる?

太陽エネルギーは、電磁波によって地球に届いています。
熱伝導によるものじゃないんです。

 

空気中を熱が伝わるのは「熱伝導」と言います。
そして宇宙空間にはその伝わる為の空気が有りません。
つまり太陽は熱伝導によって熱を地球に伝えている訳ではないんです。

実は、太陽から地球に伝わってくるのは「光(電磁波)」だけなんです。光が地球の地面に当たった瞬間、地面の分子が振動して、分子振動=熱振動→熱を発するんです。「光エネルギー」が地面に当たることで、「熱エネルギー」に変換されるんです。

 

電磁波とは、「電波(ラジオ)、マイクロ波(携帯電話)、赤外線(こたつの光)、可視光線(いわゆる七色)、紫外線(日焼けの原因)、X線(レントゲン)、ガンマ線(放射線)」などの事です。
電磁波 Wikipedia
一般に太陽光と言われているのは可視光線であり、他の線との違いは周波数だけです。
電磁波ってのは全部光の部類です。

その光(電磁波全て)が地球上の物質に照射されることで、その物質の分子が振動して発熱します。
光で物質が振動するんです。
その振動エネルギーが熱エネルギーに変換されるんです。
例えば朝日が顔に当った瞬間、肌は日の熱を感じますよね。これは光が熱エネルギーに変化しているからなんです。

これは電子レンジが有る一定の電磁波(2.45GHzのマイクロ波)を発して、水分子を振動させ、発熱させている原理と同じです。
水分子(H2O)は2.45GHzの電磁波に反応する性格なんです。Wikipedia
CO2による温暖化の原理とも同じです。
赤外線による放射冷却で地球は冷えようとしていますが、それを大気中のCO2が邪魔することで温暖化するんです。
CO2は赤外線に反応する性格なんです。CO2にぶつかった赤外線エネルギーはは、再度熱として地球に留まってしまうんです。
放射冷却 Wikipedia

電磁波と熱の関係・・・解かって頂けましたでしょうか。

|

« 月が大きく見える理由、月が赤く見える理由 | トップページ | 宇宙人、UFOの可能性 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/17521538

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の熱は真空中をどうやって伝わってる?:

« 月が大きく見える理由、月が赤く見える理由 | トップページ | 宇宙人、UFOの可能性 »