« キンコン西野って嫌いだよ | トップページ | 日本の国会が間違っていること »

2007年12月25日 (火)

「フランダースの犬」は「滅びの美学」じゃない

「滅びの美学」ってのとはちょっと違うはず。

「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071225-00000302-yom-ent

ま、このベルギーの人は、インタビューや検証などで、
「日本人がフランダースの犬に共感するのは『滅びの美学』だ」
としたのだろうが、・・・なんとなくそうなった経緯は判る気がする。

単に、「滅びの美学」って言葉の響きが先行して、インタビューにおいてつい出てしまった言葉なのだろう。
「滅びの美学」だ、と言えば後の説明が省けて楽だしね。
ちょっと意味が違ってても、「滅びの美学」と言ってみたかった、「滅びの美学」という言葉を使うこと自体にかっこよさを感じている・・・。
検証の対象となった日本人が単にそうであっただけなのだろう。

「滅びの美学」というのは、信念を持ってそれを貫き、それによって死に至ること・・・であると私は思う。
また、栄光が崩れて名声が落ちる前に、栄光の高名のままに滅びを望む事。
例えば、
 ・信長の「是非に及ばず・・」と言いながら自害する姿
 ・弁慶の、義経を守りながらの仁王立ちの死
 ・大石蔵之助の、切腹覚悟の討ち入り
 ・土方歳三の函館での最期
いわゆる、カッコイイ死に方ですよ。
悪い言い方で言えば、自己満足な死。
達成感を感じる死。
壮絶で有るにもかかわらず「良い人生だった」と言える死。
「フランダースの犬」におけるネロとパトラッシュの死ってこういうものとは違うでしょ。


「フランダースの犬」に戻りますけどね。
あの感動は、「滅びの美学」では無いです。
不運と社会の荒波に揉まれて結局は不幸な最期を遂げるネロとパトラッシュですが、最期に神様がネロに小さな夢を叶えさせてくれる。 そして死の後になって町のみんながネロの死を惜しむ・・・。どうしてもっと早くみんな優しさを与えてくれなかったのか。
あの涙は「憎しみ無き悔しさの涙」ですよ。
憎しみが無いんです。・・・全てに置いてしょうがないのは解かってるんです。疑われたのも、解かってもらえないのも・・・でも・・なぜ・・もっと何か、って、・・・そう思ってしまう涙です。
ネロの死って、社会の全ての人の少しずつの魔の部分が寄り集まってしまい、最悪の不幸となってしまったわけです。
「何を、誰を憎むべきなのか」ということよりも、
「なぜもっと人は清い心で居られないのだろう・・・」と思い、ネロに同情し、人の世の愚かさを残念に思う・・・そんな涙です。
また、苦しくても辛くても最期までネロに寄り添うパトラッシュがまた健気でいじらしく涙を誘うじゃないですか。
パトラッシュの死は、家来が主人と共に死ぬっていう例の「滅びの美学」に似てなくもないですがね。でもやっぱりちょっと違いますよ。

世には、または日本には、「滅びの美学」による感動ってものが確かにありますけどね。
それは熱い涙の感動とは違う。
身が震えるような鳥肌と、いつの間にか流れている涙・・・、といった感じの感動だ。
その物語を読む側としては、むしろ少し笑みをこぼしながら涙を流しますよ。


西洋で「フランダースの犬」が受けないのは、キリスト教の精神のせいでしょう。
正しい者は報われる・・・といった王道の道徳物語が通常であり、正しい者が報われない物語は受け入れがたいのだ。
・・・宗教的な感情によって違和感を覚えてしまうのでしょう。


ちなみに、私の「フランダースの犬」との出会いは、アニメではなく児童文庫・・児童用の小説です。
小学校5~6年くらいだったはず。
だから天使がハイジみたい・・・とかのイメージが無いんです。
パトラッシュの犬種も、挿絵にあったレトリーバー風のイメージなんです。
みんなとちょっと違うのが残念。

|

« キンコン西野って嫌いだよ | トップページ | 日本の国会が間違っていること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ニュースを見て「滅びの美学」に違和感があったのですが、わかりやすい言葉で説明していただいて、ありがとうございました。

投稿: パんだ | 2007年12月25日 (火) 15:06

滅びの美学はまさにそんな感じだと思う。
日本人は物事を深く読み取る力があると私は
思っている。現に日本の歴史からのことわりはどれも
深いものばかりです、めんどくさいので詳しいことは
省略^^:西洋で受けないのはキリスト教の教え
というのにはなるほどと思った、向こうはカトリック
が深いので十分ありえると思う、おもしろいな~

投稿: 悪の華 | 2007年12月25日 (火) 15:57

基本的に白色人種は冷たい人種。他人のことよりもまずは自分が大事。
じゃなきゃあ、世界中を帝国主義で荒らしまくったりするか?米国は今でも荒らしまくってるし。

何でもかんでも競争、相手を押しのけてでも、相手に迷惑をかけようがお構いナシ、まずは自分の成功こそが大事、自分が中心(だから、個という聞こえの良い言葉で自己表現をする)、という欧州文化だから、「負け犬の死」としか映らんのだろう。

欧米とアジアとの価値観の違いが如実に見えると思うがね。

http://wiredvision.jp/archives/200508/2005082503.html

投稿: とおりすがり | 2007年12月25日 (火) 16:09

みなさんコメントありがとうございます。
共感していただいて嬉しいです。

>>パんだ さん
ブログ拝見させていただきました。
下の方でアフィリエイトで紹介されていた岩波少年文庫の本が私の「フランダースの犬」との出会いでした。懐かし~!

>>とおりすがり さん
リンクされてるページ、なるほど興味深いです。

投稿: Snow(ブログ主) | 2007年12月25日 (火) 16:31

ま、そんなもんだろうね。
切腹や神風特攻隊だって信じがたい事なんだろうし。
武士道の精神、、、多かれ少なかれ日本人であれば心のどこかで生きているのかも。
きっと「母を訪ねて三千里」なんて海外でやったら、子供だけで旅をさせるなんてクレイジーだ!なんて言われるんだろうな。

投稿: 感動した一人です。 | 2007年12月25日 (火) 16:34

私は解釈の違いの大きさよりも、絵をそんなに神聖視出来る文化(アレゴリーが存在する文化)の方に驚きました。

投稿: まるこ | 2007年12月25日 (火) 16:37

今の日本人に武士道精神などもちあわせてる人はいるかいないか(ごくわずか)それを言ったら昔の日本人に失礼、今は特に日本だって悪いところが目立つし人としての質が低くなった。

投稿: 悪の華 | 2007年12月26日 (水) 00:59

クリスチャンの意見も聞いて
くれませんかね!↓
http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10062074062.html

投稿: 日本のお姉さん | 2007年12月26日 (水) 10:44

フランダース解釈はその通り、とひざをうったのですが、キリスト教の影響というのはどうなのだろうと思いました。
例えばヨブ記などを見てください。それから、最後の審判も正しきものへ現世での救いは与えないはず。あくまで神の国での救いが約束されている。
ただ、教育の現場では、聖書から離れた使いやすい解釈が使われるのかなとも思いますけれど。

投稿: ぷりぷりざえもん | 2007年12月26日 (水) 13:44

キリスト教云々というところは、私の意見の主題ではないので悪しからず。
間違っていると唱える事が出来るなら、そうなのかもしれません。
ま、宗教というよりも、環境や歴史の流れからくる感性の差なのでしょう。その1つとして宗教も有るかと思い、また実際に多くの文化が宗教発であって、断言しても間違いないと思ったのですが・・・。

ま、まず文化があって、それに合わせて宗教が後発で生まれた・・・ってこともありますし。
これは、冬至の祭りからクリスマスが生まれたっていう説に似てます。

投稿: Snow(ブログ主) | 2007年12月26日 (水) 22:51

そうですか。失礼。
ですが、日本人は滅びの美学がどうたら、と言われたときに我々が抱く違和感に似た感情を、西洋人はキリスト教の影響で正しい物はすくわれるのが云々、と言われたときに彼らも同様に抱くのではないでしょうか。
どっちにしろ浅薄な文化論ですよ。

投稿: ぷりぷりざえもん | 2007年12月27日 (木) 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/17475239

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランダースの犬」は「滅びの美学」じゃない:

» 「フランダースの犬」と「滅びの美学」 [パんだの物置blog]
「フランダースの犬」泣けますよね~。 でも、「フランダースの犬」が日本以外ではあまり知られていないのです。 少し前までは、ベルギーに旅行に行っても、「フランダースの犬」を思わせるものは何も無かったらしいですね。 1986年にホーボーケンにネロとパトラッシュの銅像... [続きを読む]

受信: 2007年12月25日 (火) 14:46

« キンコン西野って嫌いだよ | トップページ | 日本の国会が間違っていること »