« 美しき香川の風景 | トップページ | 明治維新で「江戸」が「東京」に変わった理由 »

2007年12月30日 (日)

地球温暖化とCO2の関係

CO2が増えると地球温暖化が進むといわれていますが、どのような原理でそうなるのでしょうか。

まず理解して欲しいのが、地球は常に冷えようとしているという事です。
それは「放射冷却」という作用によるものです。
放射冷却 Wikipedia
物質は熱を持っていると、常に振動している状態になります。その振動エネルギーが電磁波となって、地上から宇宙空間に出よとします。
このように、熱→分子振動→電磁波→宇宙へ って感じで地球の熱は宇宙に放出されていくわけです。
※電磁波とは「電波、マイクロ波、赤外線、可視光線、紫外線、X線、ガンマ線」などの「光」の総称です。
電磁波 Wikipedia

太陽で暖まって、夜に放射冷却で冷えて・・・を繰り返して地球の温度は今まで何千年も安定していた訳ですが、そのバランスが最近崩れてきた別けですよ。
放射冷却で地球は冷えるはずなんですが、しかし、電磁波が宇宙に出て行く過程で、大気に阻まれてしまう割合が増えているんです。
そしてその理由が、その電磁波の波長に共振しまう気体(物質、分子)である、CO2等の温暖化効果ガスの存在なわけです。
共振 Wikipedia
共振によって電磁波エネルギーは再度、分子振動エネルギーに戻り、それが熱エネルギーに戻って、大気中に熱として留まっちゃうんです。
CO2が増えたことにより地球の放射冷却効果が弱まった事が地球温暖化の原因だ、とされています。

CO2増加が温暖化に繋がる理由
http://coolway.air-nifty.com/unicorn/2007/09/post_245f.html
↑以前書いた記事です。
こちらもご覧ください。



「co2_2.swf」

 イメージ図

|

« 美しき香川の風景 | トップページ | 明治維新で「江戸」が「東京」に変わった理由 »

環境問題」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/17521404

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化とCO2の関係:

« 美しき香川の風景 | トップページ | 明治維新で「江戸」が「東京」に変わった理由 »