« GT-Rの多事争論 | トップページ | 「もやしもん」は素晴らしい漫画だ »

2007年11月 1日 (木)

今年は何を記念する年?

去年はモーツアルトの生誕250年を記念する年だった。
世界各地でモーツアルトを題材としたあらゆるものが行われた。
テレビは特集を組む、演奏会は頻繁に行われ、映画も作られたかもしれない・・・。

さて、生誕記念を250年でも行うということは、100年のうちに記念の年は2回くることになる。
そして、記念の年とは生誕記念だけではない。
没後記念もあるのだ。
モーツアルトは35歳で亡くなったので、せい短期ねんんお35年後に没後記念の年が来る。
34年後、モーツアルト没後250年という年がくるだろう。
よって、モーツアルトだけでも100年のうちに記念の年が4回も来る。

ところで、歴史的偉人というのは数多い。
音楽界だけでも、ベートーヴェン、バッハ、ショパン、リスト・・・  また、ジョン・レノンなんかも数十年後くらいには行われるんでしょうね。
それだけではありません。芸術、科学、あらゆる世界に記念すべき偉人は居ます。
アインシュタインの場合は、特殊相対論誕生100年と没後50年が重なってちょっとばかり盛大でした。2005年のことです。
ほかにも、ダビンチ、ピカソ、ゴッホ、ニュートン、チャップリン、プレスリー・・・。
それら全ての人に、100年に4回の記念の年があるわけで・・・。

もうね、毎年記念だらけなんですよ、この世の中は。
あ、いや、それでいいんですけどね。 歴史に触れ合う機会が多くなるのは嬉しいことです。

ただちょっと面白いなぁ~って、思いまして。

|

« GT-Rの多事争論 | トップページ | 「もやしもん」は素晴らしい漫画だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/16946605

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は何を記念する年?:

« GT-Rの多事争論 | トップページ | 「もやしもん」は素晴らしい漫画だ »