« 鉄の歴史と、邪馬台国 | トップページ | 大学の隔離はムズカシイ »

2007年4月18日 (水)

ちょっと怪しくなってまいりました

伊藤氏の娘婿、長崎市長選に立候補を表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000111-yom-pol

伊藤市長への銃撃は本当に私もショックでした。
御冥福をお祈りします。

アメリカでの乱射事件の後でしたしね。
犯人は少なからず事件に触発された感は有るでしょうね。
恨みに対して手を上げるということは、その人の人としての器の限界をしめすものでもある。私はそう考えます。
「指定暴力団」の幹部でしたね。
でもね、暴力のかっこ悪さってのを犯人(容疑者)が理解していなかったようで。
ったく、残念で成りませんよ。


ところで、伊藤氏が死亡したことで、彼の娘の夫が代わりに選挙に出馬するとか・・・。
こうなってくるとなにやら怪しいですよ。
ま、可能性としてですが。

政治家の娘婿ってのは政略結婚である場合が少なからずあります。
というか、政治家志望の夫と、政治家としての跡継ぎが欲しい父親、この場合は伊藤氏でありますが・・・。
事件の悔しさと、その無念を晴らすための弔い合戦としての出馬と言う形は納得がいくのですが、もうすこし複雑な事情があったらどうなるでしょう。
伊藤氏は、何らかの事情で市長を続投しなくてはいけなかった。
しかし、殺された事でその代役が必要になった・・・。
もしそうであるならば、何か金の臭いがします。
犯人はなにやら公共工事の因縁を語っているようですが、それに絡んだ何か裏の事情が有ったりして・・・。

ま、考えすぎでしょう。

殺された市長の変わりに誰か出ないと家族としてもメンツが保たれませんしね。
凶弾には屈しないという、政治家一家としての意地でしょう。
こっちの方が可能性が大きいです。

|

« 鉄の歴史と、邪馬台国 | トップページ | 大学の隔離はムズカシイ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/14754907

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと怪しくなってまいりました:

« 鉄の歴史と、邪馬台国 | トップページ | 大学の隔離はムズカシイ »