« そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP1 サラエボの幻想 | トップページ | そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP3 ジルベスターコンサート »

2007年3月21日 (水)

そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP2 「銀河英雄伝説」

「銀河英雄伝説」とは、田中芳樹のSF小説だ。
物語は宇宙戦争物なのですが、中身がとても哲学的であり、そしてとても興味深い登場人物達による人間ドラマでもある。

そして、この小説が初めて映像化されたのが、劇場版アニメ「銀河英雄伝説 わが征くは星の大海」だ。

   
銀河英雄伝説 わが征くは星の大海
             銀河英雄伝説 DVD-BOX

この中でフィナーレとなる大艦隊同士の戦闘シーンで「ボレロ」が優雅に流れるのである。
淡々と行進し、陣形が変化していく。
徐々に戦闘は激しくなり、最後の盛り上がりシーンでは、音楽と映像が融合し、大スペクタクルなシーンが続き、そして曲の終了と共に戦闘が止まり静まり返り、物語は収拾していく。
演奏時間15分前後の「ボレロ」・・・。
その始まりと共に戦闘の火蓋が切られ、曲の終わりと共に一気に雌雄が決する。

カッコイイ、素晴らしい!
こんな優雅な戦闘シーンを観たのは初めてだ。
こんなボレロがこの世に存在するなんて・・・。

この映画は、これから長く続く「銀河英雄伝説」の物語の序章であり、「ボレロ」自体はこの時1回しか使われていない。
しかしファンの印象としては、銀河英雄伝説の音楽=ボレロであり、切っても切り離せないものとなった。

その後このシリーズは、30分×110話の巨大なスペースオペラ作品となった。
ボレロの演出の成功により、その後の主だった導入歌は全てクラシック音楽になり、そしてその迫力と魅力をこの物語の中に注ぎ込むことになった。
このアニメ作品の曲が、既存のクラシック音楽を一切使わないものだとしたら・・・、それは全然印象の違う作品になっていたでしょう。
そして、ここまでおごそかな雰囲気の作品にはならなかったでしょう。

「銀河英雄伝説」を知る人にしか解らない、狭き世界の「ボレロ伝説」では有るが、
少なからず「ボレロ」と聞いてこの物語の感動を思い起こす人々がこの世には存在するのだ。
嗚呼、素晴らしきかな、感動のボレロよ。


そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP1 サラエボの幻想 (映像あり)
そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP2 「銀河英雄伝説」
そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP3 ジルベスターコンサート
そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP4 愛・おぼえてますか

|

« そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP1 サラエボの幻想 | トップページ | そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP3 ジルベスターコンサート »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

銀河英雄伝説」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いいっすよねぇ、銀河英雄伝説。ボレロにワルキューレにアイーダにサッカーの曲(題名忘れ……)と、クラシックのオンパレード(笑)

投稿: カーツ大佐 | 2009年2月13日 (金) 22:52

ニールセンの「不滅」も私は大好きですね。出落ちみたいな曲調ですけど。
あと、「ノクターン」や「悲愴」は、他の場所で聞いてもすぐ銀英伝を思い出しちゃいます。
うぅん、やっぱり何を聞いてもイイ!

投稿: Snow | 2009年2月17日 (火) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/14341007

この記事へのトラックバック一覧です: そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP2 「銀河英雄伝説」:

» 卒業 歌 [これいいよ]
毎年3月になると、街のあちらこちらで 卒園式、卒業式帰りの人たちを見かけます。 かわいらしい親子連れ、花束を持っている子、 卒業証書を片手にワイワイはしゃいるグループ。 みんな、とびっきりの笑顔で歩いています。 [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 21:35

« そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP1 サラエボの幻想 | トップページ | そして「ボレロ」は伝説へ・・・ EP3 ジルベスターコンサート »