« たけしのコマネチ大学数学科 第9回 - 美術館定理 | トップページ | 「デスパレートな妻たち」を観た »

2007年2月25日 (日)

たけしのコマネチ大学数学科 第10回 - トイレットペーパー

トイレットペーパーの問題
これは面白かったです。

問題。
Koma10_1

基本的には算数なんですよね。
算数なのに難しいって問題、大好きですよ。

私なりの解説と答えです。
問題には、紙の幅(11.4cm)が書いてありますが、この計算には必要ない数値ですね。目くらましのノイズです。
これが解説と答え。→「koma10_2_3.JPG」

上記の図は番組を見ながら私の頭に浮かんだものを書いたのですが、番組上の解説もほぼ同じでした。
「koma10_2.jpg」

私は、色々と考える過程で台形が出てきたのですが、後になって考えてみればそんな事を考えてる間にドーナツの面積を求めてた方が早かったですね。
無駄でしたが、でもこの過程は面白かったです。
それに竹内先生も、台形になる事を理解して欲しかったみたいです。

番組の結果ですが、マス北野は11.4cmを考慮してしまい、体積で考えてしまって時間をロスしたようです。
番組ではマス、東大生が正解でした。
コマ大は当然、実地検証だったので答えは不正解でした。
でも、計算で求めた答えがほぼ実地と同じ数値であることが判ったので、彼等の検証はとても有意義でした。



|

« たけしのコマネチ大学数学科 第9回 - 美術館定理 | トップページ | 「デスパレートな妻たち」を観た »

たけしのコマネチ大学数学科」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/14040993

この記事へのトラックバック一覧です: たけしのコマネチ大学数学科 第10回 - トイレットペーパー:

« たけしのコマネチ大学数学科 第9回 - 美術館定理 | トップページ | 「デスパレートな妻たち」を観た »