« ドラクエ9がDSで出る事について | トップページ | 「ソーラン節」はヘブライ語だった!? »

2006年12月14日 (木)

「明智光秀」ミステリー

本能寺の変を起した明智光秀。
彼には謎が多い。
なぜ謀反を起したのか。
出生の謎、そして最期もはっきりしない。
そして何より、天海説ですよ。

(私はいつも明智光秀と石田光成がゴッチャになってしまいます。「光」の字と負け組みイメージのせいかな。「信長は光秀に言いました。『そのダンゴちょうだい』 『じゃ3つだけあげる』 『あ、ケチ。三つひでー』」で覚えてます)

本能寺の変
実は、彼の謀反がなければ日本の今の繁栄はなかったかもしれないのです。
これは謎解きしなくても容易に想像できる事なのです。
あのまま信長が天下を取り、織田幕府を開いていたとしたら・・・。
後で説明しましょう。

キリスト教
ザビエルに象徴される戦国時代の宣教師。彼等は実は西洋の先発隊だったのです。
宗教を皮切りに西洋文化を持ち込み、後の植民地化をなしやすくするのが目的です。
アジア、アフリカ、南米、どこもそうです。
現在、貧困や発展の途上にある国々は、大航海時代と称される大植民化時代にキリスト教を受け入れた国なのです。
(中国に対しては国が大きすぎた為か、長く対等に貿易した後にアヘンという超反則技を使ったわけですが・・・)

元々、宣教活動がヨーロッパ以外に及んだのは、カトリックとプロテスタントの勢力争いから信者数拡大の為にである。
しかしそれが結果として、ヨーロッパ以外の文化を否定する行為と成り、そのストレスを引き金として武力制圧から植民地政策へと繋がっていったのである。

明智光秀の周りにはキリスト教の影が多い。逸話も多いし親類関係にも信者が多い。娘、細川ガラシャはキリシタンで有名である。
光秀自身そうだったかもしれないし、否が応にも西洋文化の情報は入ってくるでしょう。
そしてそれにより光秀が西洋文化に対して何か危機感を感じたとしても何も不思議ではありません。

天海説
天海説がまことしやかに囁かれている理由、それは状況証拠になりえる事柄が多いからである。
・南光坊天海は江戸時代初期に徳川家康の政治的参謀として活躍した僧である。いや戦参謀の実績も多いとされている。しかしその経歴には不明な点が多い。
・最大の謎は日光東照宮です。言わずと知れた東照大権現(徳川家康)を祭った神仏習合の神社であり、建物各所にキキョウの紋が描かれている。キキョウの紋は言わずと知れた明智光秀の家紋である。
・そして、東照宮の南西(現在のいろは坂付近)には明智平といわれる地があります。南西とは日本では裏鬼門と言われている。
・天海は陰陽道を信心していた。
・江戸城の鬼門(北東)には寛永寺があり、江戸の町を守っているが、その創立者は徳川家光であり初代住職は天海である。
・日光東照宮は江戸城のほぼ真北に存在し、江戸の町を見守っている。
・天海は1607年、比叡山延暦寺を再興する。比叡山は京の都の鬼門を守る存在である。延暦寺は1571年信長により焼き討ちにされていた。
・光秀が亡くなったはずの1582年以後に、比叡山に光秀の名で寄進された石碑が残っている。
・徳川二代将軍秀忠の「秀」、三大将軍家光の「光」は、光秀から取ったのではないかと言われている。
・天海は、ことごとく豊臣家に対して忌み嫌う行動をしている。家康死後の神号を巡るエピソードや、大坂の役の発端となった方広寺鐘銘事件にも深く関わっていた。一方、光秀は秀吉によって大敗し命を落としたとされる。
・光秀は1582年死亡とされている。天海の足跡が明瞭となるのは1588年からである。
・天海と光秀の書状の筆跡鑑定では、非常に近い人物と出た。(TBS世界ふしぎ発見より)
・天海は「天海」という人物を親子二代で演じたとされる説もある。

謀反の黒幕
犯人を推理する場合、その事件で一番得をした人物を疑え、とよく言われます。

結果としては、家康が天下を取り幕府を開いたわけです。
本能寺の変の黒幕が家康であったとしたら。
家康は光秀と結託し、謀反を起させ、後に光秀を天海としての世を送らせていたとしたら・・・。

日本を救ったのかもしれない明智光秀
西洋の技術や文化に驚異を感じていた光秀。
西洋の技術や文化に興味津々だった信長。
キリシタンを邪魔だと思っていた家康。

天下を取った徳川家。
三大将軍の時代にも天海はいました。
三大将軍家光は、鎖国政策と禁教令によりキリシタンと外国人を締め出した。
鎖国政策に関しては天海の助言が大きかったとされます。
鎖国は、プロテスタントであるイギリスとオランダの了承を得たことで大成功しました。

知られた史実だけで語るなら、本能寺の変と鎖国政策によって、日本は植民地への道を外れたのだといえます。
そしてそれが両方とも明智光秀の妙であったとしたら・・・。
 時代を動かす「桔梗の紋章」

とても面白いです。
フィクションの可能性は高いですが、興味がそそられる話じゃないですか。

 疑惑の日光東照宮に行ってきました



「都市伝説」というものが昨今はやってますが、コレはそのような想像などではありません。都市伝説とは違い、事実を確認しそして誰も確認しようとしなかった未知なる事実を確認しようとする考えのもと・・・、いや世に言う「都市伝説」ってやつなんでしょうかね・・・。いや、ハローバイバイの関がこういう話を「都市伝説」と定義しただけであって、本来の「都市伝説」とは「口裂け女」や「こっくりさんで死んだ」、「近所の公衆便所の噂」とか・・・そういう話だったはず。関のせいで怪しい事実をつかもうとする「謎話し」までが軽い子供だましな都市伝説ってことになってしまった。つまんないな・・・。

|

« ドラクエ9がDSで出る事について | トップページ | 「ソーラン節」はヘブライ語だった!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

謎シリーズ」カテゴリの記事

コメント

「明智光秀」おもしろいですね。ただキリスト教が西洋の侵略の尖兵だったことはわかりますが、本能寺の変と鎖国政策でうんぬんはよくわかりません。信長がキリスト教を保護した要因は主に鉄砲使用の為の硝石ルートの確保の為ですし、家康事態は鎖国をするつもりはなかったはずです。家光自身(ブレーンたち)も鎖国を積極的に推進するとゆうよりなし崩し的に行っています。流れとしてキリスト教は為政者として誰でも禁止したと思います。ちなみにこの当時のヨーロッパの尖兵はスペインですが(ポルトガルを併呑)実際に日本へ艦隊を送る計画はあったようですが、1988年のアルマダの海戦で英に破れ頓挫したそうです。

投稿: maru | 2009年9月 8日 (火) 09:49

この文章の裏テーマは「光秀は天下横どりの為に本能寺の変を起こしたのではない」という説の布教活動です。

実際の歴史の「たられば」ではなく、
「光秀が予測したかもしれない当時の世界情勢と未来の日本」を書いてみた次第です。そして文章下部にリンクしてある「時代を動かす「桔梗の紋章」」の記事に繋がる訳でして。

あと「硝石ルートの為」と限定してしまうのはちょっと短絡ですよ。

投稿: Snow | 2009年9月 8日 (火) 11:22

お返事ありがとうございます。硝石ルートに関してはあくまで1つの要因です。限定しているつもりはありません。言葉不足で申し訳ありません。それから本能寺の変の原因は私はまったくわかりませんが、光秀が天下を獲ろうとしたとは私も思っておりません、優秀でまじめなリーダーであったと思っておりますので何かしらの理由があるのでしょう。
これからも歴史ミステリー楽しみにしております。

投稿: maru | 2009年9月 8日 (火) 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/13062078

この記事へのトラックバック一覧です: 「明智光秀」ミステリー:

» 通関士試験に合格して通関士になる! [通関士試験に合格して通関士資格取得!]
通関士試験に合格して通関士資格取得を目指す方々へ、通関士の情報をまとめました。 [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 04:39

« ドラクエ9がDSで出る事について | トップページ | 「ソーラン節」はヘブライ語だった!? »