« 「ガンダム」の醍醐味 | トップページ | ルミナリエ狂時代 (クリスマス・イルミネーション) »

2006年12月20日 (水)

放送禁止5 しじんの村  解説(ネタバレ有り)

5_01
「真実を積み重ねることが
    必ずしも真実に結びつくとは限らない」
  あなたには 隠された真実が見えるだろうか?

放送止5 しじんの村

設定撮影開始日 2004年10月より
設定取材場所 長野県某所 しじんの村

登場人物

◆しじん 本名:久根仁
 ・しじんの村村長であり創設者。3年前に私財を投げ売って村を作った。
 ・東京都内の某中学校の元教師。
 ・クラス内でトラブル(T君の自殺)があり、それがきっかけ。
 ・「今は自殺が生涯のテーマになっています」
 ・「私はこれからも、自殺志願者の手助けをしていきたい」
 ・2004年12月 水死(村の裏手の湖で)
◆T君
 ・2001年9月12日自殺(享年15歳)
 ・しじんの教え子
◆シュウ
 ・リストラにより社会から弾かれた。
 ・村を知った理由:人から聞いた。
◆ウッチー
 ・中学の時にイジメが理由で引きこもりになった。
 ・村を知った理由:インターネット
◆フク
 ・3年前に大切な人が亡くなり、そのショックが忘れられない。
◆ハニコ
 ・1ヵ月程前に村に来た。
 ・自殺願望がある?「この村で死のうと思って来ました」 「去年、姉がここで亡くなった」 「同じ場所で後を追おうと思った」
 ・村を離れて以降、消息を絶っていたが、2006年、2年ぶりにハニコからスタッフに連絡があった。
◆ハニコ姉
 ・自殺未遂を繰り返し、そしてしじんの村に来た。
 ・2003年7月11日 しじんの村で自殺
◆Sカルマ
 ・2年前から村にいる。(ハニコ姉を知っている)
 ・自分の存在意義に疑問を持つ。
 ・取材中の2004年11月12日に自殺。

以降ネタバレ

■フク + シュウ = 復讐
 ・フクとシュウは3年前に自殺したT君の両親。
 ・その時の教師(しじん)への復讐心がある。
■シュウの発狂の意味
 ・Sカルマの死を止められなかったこと、そしてT君の事を思い出し、怒りと憎しみで発狂してしまった。
   5_02
■「ハニコ」の意味
 ・Sカルマ + ハニコ = Sのカルマ(業)は二個  ?
 ・フク + シュウ + ハニコ = 復讐は2個  ?
 (意味は無いのかもしれない・・・)
   5_05_1
 (↑ビデオカメラを持っているしじん・・・)
■フクとシュウが各所で見切れている
 ・ハニコが引き籠もっている家のガラス
 ・牛に餌をあげた後のハニコインタビューのはるか後ろ
 ・スタッフが村から帰る日、見送るしじんの後ろ
5_07
5_12
5_15
■フクとシュウはハニコが自殺しないように監視していた
 ・ハニコは本当に自殺しようとしていた可能性が高い。
 ・フクのインタビュー「私達が見守ってる」
 ・二度目のハニコ自殺を防ぐ
■ハニコ姉の遺書
 ・遺書中の「でも、」は後から付け足された可能性がある。
  (「、」の筆跡が他と違う)
   5_11
■ハニコ自身も復讐に来た可能性は捨てきれない
 ・Sカルマが姉の仇? 可能性は低い。
■しじんの村は昼間でも暗い
 ・自殺を助長した環境である。
 ・教授の発言のあとのシーン。
   「しじんの村」が山の陰であることがよく解るカットとなっている。
 ・各部屋も暗すぎる。
 ・水辺という事でも自殺を助長している。
5_10_1
5_10_5
■しじんは死の瞬間の映像マニア
 ・助長したり加担したりしている。
 ・その為に「しじんの村」を設立した。
■Sカルマはしじんに殺された
 ・この可能性が非常に高い。(ビデオに犯行映像が残されている。多分あれはしじん)
 ・そして、しじんはフクとシュウに殺された。(息子の仇を取った)
  こんれらの一連の事件は明るみになっていないという番組の演出なので、
  ストーリー的にはフクとシュウは、今でも塀の外で生活している可能性が高いでしょう・・・。
5_17_1_1
5_17_4_0

●ハニコの自殺願望について
出演している教授曰く、自殺未遂には大きく分けて2つの種類があるという。
 ・自分の苦しさに気付いて欲しいタイプ。(睡眠薬、リストカット等)
 ・死を決めているるタイプ。(首吊り、飛び降り等)
ハニコは首吊りだったが、これは本気で死のうと思っていたのだろうか。

しかし教授曰く、思いつめながら自殺する事は滅多にないという。
大抵は突発的に自殺をするらしい。
   5_06_1
ということは、ハニコはどちらなのだろう。ハニコは「死にたい」と言い続けていた。
微妙である。
気付いて欲しいタイプだったのかもしれない。
そして、Sカルマや取材スタッフに話を打ち明けて、スッキリして自殺願望は消えたのかもしれない。

それ以降も村に残っていた理由は、Sカルマへの恋心からか・・・。
Sカルマが死んだことによって、村にいる意味がなくなり、去って行ったのかもしれない。

5_16

■某ツタヤでの出来事
P1001309
良い演出ですねcatface
いかにも裏映像って感じです。
お店の人によると、「パッケージを紛失したから」らしい。
紛失って・・・。

放送禁止シリーズ 人気投票

" + __flash__argumentsToXML(arguments,0) + "")); }">

放送禁止シリーズを作り上げた脚本&ディレクターの「長江俊和」という方をご存じでしょうか。その彼が書いたルポルタージュ風の小説「出版禁止」という本が有ります。「フェイクドキュメンタリー」ならぬ、「フェイクルポ」な訳ですが、これがまた凄い! 普段、小説を読まない人でも、放送禁止ファンの方は、ぜひ読んでみるべし!

放送禁止の真相究明についてお手伝いしましょう。 放送禁止のネタバレですがご了承ください。 なぜ廃ビルで失踪したのか。またなぜ失踪者が続出したのか。 放送禁止2ではある呪われた大家族を題材にしています。 放送禁止2について解説します。 放送禁止2についてネタバレですがご了承ください。 放送禁止2の真相究明にご協力します。 放送禁止5「しじんの村」待ちに待った良作です。 放送禁止5の解説とネタバレです。 放送禁止5の真相究明はほぼ完璧だと自負します。

|

« 「ガンダム」の醍醐味 | トップページ | ルミナリエ狂時代 (クリスマス・イルミネーション) »

放送禁止シリーズ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いろんなサイトで知ったんだけどSカルマとT君ってアルファベット並んでるでしょ?だから兄弟って意味で現にSカルマが死んだときフクとシュウは大泣きしてたじゃん。だからSカルマも二人の息子。
そんでその後ハニコが自殺未遂してるときにその二人はしじんの事をすごい目で見てたって説が信憑性たかいと思う。

投稿: にゃんこ | 2007年4月18日 (水) 01:07

>にゃんこさん

SとTが並んでるとなぜ兄弟となるのか。
それが問題だ。

名前に同じ漢字が使われていたり、名字が同じだったりするならば兄弟の可能性も考えられるが、アルファベットじゃその説に信憑性は生まれないと思う。

西洋人であっても、兄弟の名前でアルファベットを並べるといった文化が有るかは怪しいし。ま、Sカルマは日本人だろうし。
なにより「Sカルマ」は本名ではない。ハンドルネームだ。
SカルマがT君を意識してハンドルネームを付けるなら「Tカルマ」とか付ける可能性が生まれてくる。決して可能性が高いわけではないけれど。
ハンドルネームにTと付けているなら「兄弟」と連想するのは不思議では無くなる。しかしそうでもない。


大泣き、シュウの発狂に関してもそれほど注目することじゃないだろう。
数ヶ月でも共同生活してるのなら、すでに義家族愛のような関係にあるはずだし、人として普通の行動だ。
ま、それ以上に、しじんへの怒りが溜まっているだろうし。

投稿: Snow | 2007年4月18日 (水) 08:29

あの…「しじんの村」の木の看板って…よく見たら「しにん(死人)の村」じゃないですか!?
今彼女が発見しました!!

投稿: 龍鬼丸 | 2008年8月26日 (火) 01:23

龍鬼丸さん

ここの最後のキャプ画像コメントに既にそう書いてあるがな

投稿: | 2008年8月26日 (火) 05:12

壁に貼ってある習字?
「ねねねね しじん」って何かと思ったけど、
もしかして、ねが4つで『しね しじん』?

投稿: | 2008年9月 4日 (木) 09:40

「ねねねね」はそういう洒落でしょうね。
放送直後からみんなネット上でそう騒いでいました。

投稿: Snow(ブログ主) | 2008年9月 4日 (木) 14:24

ネタバレ記事、とてもわかりやすくてよかったです。

ひとつ質問です。
ハニコは「放送禁止2(ある呪われた大家族)」の次女・蜜柑ではありませんか?

蜜柑の蜜は英語でハニーだし、父親の暴力を受けていたこと、その父が亡くなっていることなど、けっこう条件がそろっている気がします。(※母親がいないと言っていたのは「(刑務所に入っていて、塀の外には)いない」という意味にも取れるし、他の兄弟のことを話していないのは自分があの大家族の人間だということがバレるからあえて黙秘した気がします)

そしてハニコの姉は、林檎。(シジンは「林檎には林檎の詩<=死?>があります」と言っていた)

違うでしょうか?

投稿: m | 2009年2月10日 (火) 00:38

すいません、書き忘れたことを。

蜜柑=ハニコと思った理由がもうひとつ。
大家族殺人で、四男・団くんが父親の牛肉を食べようとしたとき、互いの様子をうかがったのは母親と林檎・蜜柑だけだった気がします。毒のことを知っていながら塀の外にいる(母親がすべての罪をかぶった/未成年だから刑が軽かった?)姉妹が後になって心の傷を露見させた、そんなストーリーなのではと思いました。

投稿: m | 2009年2月10日 (火) 00:50

>>mさん

ネット上でよく話題に上っていた内容ですね。
「実は1~6は全て繋がっているんだ」と言う人もいます。

そう推理することを否定はしませんが、同時に意味の無い「想像」でもありますよ。

この物語の作者が何を意図しているかは知りませんが、作品中にそれを決定付ける何かが無い限り、何も言い張れないし、結果的にそれは単なる妄想の域を出ないものとなります。
そして何より、仮に「蜜柑=ハニコ」だとしても、物語の「謎に対する納得度」が上がる訳でもないし。

投稿: Snow | 2009年2月10日 (火) 08:20

なるほど、そう考えられているのですね。
返信ありがとうございます。

投稿: m | 2009年2月10日 (火) 13:35

いまさらながらハマりました。
で、見ていて気づいたのですが、
しじんの心理状況が伺えるシーンを見つけました。
一つはハニコが一度目の自殺に失敗して、
その後のインタビューシーンと、二度目の自殺未遂で、ハニコに語りかけるシーン。

鼻を触ってるんですよ。多分無意識に。
行動心理学では、鼻を触るというのは、不安を感じたり、落ち着かせたいという心理状況で触る行為に結びつくらしいです。

何気に動揺してたんですねぇ。
面白い。

投稿: あい | 2009年7月19日 (日) 21:54

>あいさん

コメントありがとうございます。
最近ハマったということはDVDか何かで初見ですかね。

このシリーズは色んな裏を想像しちゃって面白さが尽きないですよね。

投稿: Snow | 2009年7月20日 (月) 03:50

フクシュウハニコ=フクとシュウはT君のため。フクシュウ。1個。
ハニコは姉のため。フクシュウハニコ?1個じゃん?
足して2個?いえいえそんなに単純では、らしくない。
これは自殺とは真逆の殺人争奪戦である。
それでは俺の解釈裏ストーリをどうぞ。

自殺に疑心があったハニコは村に行く。
ただし、来た時点での犯人の特定はできず偵察。冒頭の自殺演技をしじんが撮影で確信。さらに、遺書を見て泣いたのは、ただ殺されたのではなく自殺願望もないのに自殺に追い込まれたと気づいたから。しじんの工作があったのでそれを理解する。悔し泣きと思われる。
そしてSカルマに姉との信頼関係もあり打ち明ける。
Sカルマはしじんと対決?待ち合わせで落とされる。
これでハニコの復讐は2個になる。  うーん綺麗。
Sカルマが死に、ばれたかもとなり外出さける。直後意味深なしじんのインタビュー。そして自演してしじんに撮影させ取材もさせ疑い防止。一度村を出て殺す準備(周到に手紙まで)→消息を絶ち放送禁止。しかも疑われない。しじんにも、後の殺人も。
直後意味深なしじんのインタビュー。
決行当日村へ潜入。しかし先を越される。
ここは順不同。現場でばったりかカメラで見たのか?
おそらく前者。監視始まる。ただし自分もフクシュウ者と打ち明けているので軽い監視状態。ラストの取材でヘルプ、のつもりが見られていたので(階段降りる前に気づきカメラにアピール)含みを持たせてヘルプサイン。(2人のことでどうしよう?)しかし叶わず帰宅。
このインタビューは時期も内容も不自然すぎるので考えすぎではなさそう。
ということで、見守っている」の伏線が「監視している」に変更。(1の財前みたく)
どうでしょう?なかなか怖いし綺麗でしょ。
おそらく初のストーリー。もう一個あるよ。

投稿: らん | 2012年9月20日 (木) 04:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/13108464

この記事へのトラックバック一覧です: 放送禁止5 しじんの村  解説(ネタバレ有り):

« 「ガンダム」の醍醐味 | トップページ | ルミナリエ狂時代 (クリスマス・イルミネーション) »