« たけしのコマネチ大学数学科 第2回 - モンテカルロ法 | トップページ | たけしのコマネチ大学数学科 第4回 - 折り紙 »

2006年11月11日 (土)

たけしのコマネチ大学数学科 第3回 - モーペルテュイ

この回は私は見逃してしまいました。
だから、ネットで検索して問題文だけ入手したので、
それでけでやってみようと思います。

問題
「ビリヤード台で、Aの位置に置いた玉を、Bのポケットに最短距離で
3クッション当てて入れるとしたら、最初にどこの壁のどこを狙えばいいのでしょうか?
※ ただし摩擦は考えないものとする。」

番組では、A点とBポケットは場所が明確に指定されていたのでしょうか。
その辺がわからないのですが、私なりに解釈して解いてみました。

私なりの答えです。
「koma03-2.jpg」
もっと数値的に答えるんですかね。
でも、一応考えかたはあってると思うんですけど・・・。

私もビリヤードはやるのですが、
実際はこんな机上の空論のようなラインはムリです。
壁はゴムで出来ているので、バウンドのしかたが微妙に違うのです。
鏡と光の問題なら、このラインであってると言えますが・・・。



|

« たけしのコマネチ大学数学科 第2回 - モンテカルロ法 | トップページ | たけしのコマネチ大学数学科 第4回 - 折り紙 »

たけしのコマネチ大学数学科」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90919/12638704

この記事へのトラックバック一覧です: たけしのコマネチ大学数学科 第3回 - モーペルテュイ:

« たけしのコマネチ大学数学科 第2回 - モンテカルロ法 | トップページ | たけしのコマネチ大学数学科 第4回 - 折り紙 »